外国為替証拠金取引(FX)で長期トレンドフォローと短期売買の両面からFXのトレードを綴る。システム・ルールに基づいたスイングトレードと金利差があればスワップも狙う投資を組み立てる。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/28(水) 20:18
書き忘れてしまったのですが、2日前にUSDCAD(米ドル/カナダドル)のトレンドが上向きから下落に転じていました(日トレンド)。現在中立ですが、割と大きく振れそうな印象があります。

本日時点で注目すべきは、ドルスイスとユーロドルが、日、週、月ともすべてにおいてトレンド中立になっていることです。これだけそろうのはとても珍しいことだと思います。ドルストレートは売り買いで迷っている状態ですね。明確な方向性が出るのにはもう少し時間がかかりそうです。

ドル円、クロス円については、月足ではまだまだ下向きですが、週単位では中立になっていて、カナダドル円、ユーロ円、豪ドル円もそうです。

上昇してくる時にテクニカル的なポイントとしては、カナダ円の75円、ユーロ円の120円、豪ドル円の60円です。

円高が優勢なので、円安方向に進むのはメインシナリオではない感じがしますが、上昇したときのストーリーも時々は更新しておこうと思います。

とりあえず今注目しているのカナダドル/円。
加ドルを見る上では原油先物価格も要チェックです。相関性高いです。

NY原油の日足チャート。
底打ち感が漂っているような気がしますがどうでしょうか。分厚い雲でまだ上昇という感じはありませんが、もし上昇するならこんな感じでしょうか。レンジに戻るシナリオもありですが。
wti_200901

そして、ドルカナダ(USD/CAD)は、いよいよトレンドが下向きとなるか?それとも、もう一度なのか転換点かもしれません。
usdcad_200901

原油価格が上昇すれば、カナダドル(CAD)上昇。そしてカナダ円も上昇するか?
cadjpy_200901

カナダ円はやはりドル円レートに左右されるので、ドル円レートがあんまり動かないことが前提となります。つまり、原油上昇、カナダ上昇、米ドルと円は弱いというケース。
マーケットでは円高が進むのがメインシナリオですから、カナダ円の上昇もあんまりなさそうな話ではありますが。

そういうわけで、円安になったらカナダ円の動向を見つつ参入ポイントを探し、円高になっても動きのありそうなドルカナダのスイングは面白そうです。
2009/01/20(火) 22:27
最近の為替相場は大きく上下に振れていますが、ドル円は、他と比べると意外と落ち着いている感じですね。円高の波が時々来るわけですが、ドルも欧州通貨やオセアニア通貨などにも強いですね。円安、ドル安になっても戻りがはっきりとしています。

今日はポンドの大幅下落がありました。月、週、日と、どの時間枠で見ても下落トレンドでした。材料もいろいろあるわけですが、テクニカル的には大きなサポート割ったことでしょうね。また反転すると、戻りも早そうですが、どこまで下がっていくのかは要注目ですね。

ブログの上に掲載中のトレンド変化ですが、こちらは内部ロジックを少し修正しました。今までよりも確実にトレンドをとらえるようになっています。つまりサインが変化しやすくなりました。

上下に大きく行ったり来たりの相場なのでなので、1日くらいのスイングトレードでも大きくとれることが多いです。トレンドの転換い注目しておくとよいですよ。

今後、目立った転換があったときは、記事にもアップするようにします。
2009/01/19(月) 22:15
昨日SNSに書いた日記です。

為替相場は、連日新しいことが起こっていますね。もう書ききれないくらいに・・・リーマンショック後から、全く別のマーケットになったというか、生まれ変わった(?)ような印象を持っているのは私だけではないと思いますが・・・

為替の方はドルとユーロがシーソーのようです。他のマーケットも眺めてみると、ドル vs その他という感じです。オバマ大統領就任で落ち着くかというと、たぶんそんなことはなくて、相変わらずの綱引きがしばらく続きそうですね。

ドル安という見方が多いと思いますが(長期は)、短期中期ではドルが踏ん張ってますね(対欧州通貨、オセアニア、カナダドルなど)。ドル/円では、円が相変わらず強めですが、ドルと円がセットで動いている時の方が多く、他のペアに比べるとあまり目立たないなーと感じています。テーマがころころ変わるこの相場、しばらく続くでしょう。

ドル円レートが80円台前半~70円台に突入したとしたら、ドルストレートの通貨はどうなるのだろうと、時々思ったりします。

円高、ドル安になる場合のシナリオとして極端なケースを考えてみます。

1)米ドルが単独で弱くなる(ドル独歩安)
2)円が単独で強くなる(円独歩高)

よく言われているようなドル崩壊説なら1)。ドル円が80円くらいになっても、ユーロ円、豪ドル円などクロス円はそれほど下落しないケース。ユーロ/ドルは上昇して1.6に向かう。

2)は、円高だけどんどん進むケース。ドル円が80円割れでも、、ユーロドルレートは、現レンジに収まる。、ユーロ円も100円台へ向かう。

円高ドル安といっても、全然違うシナリオです。

最近は、2)がときどき起こりながら、長期では1)というところでしょうか。いまは、1)と2)がその時々で入れ替わっているような状況ですね。

もちろん、前提としての円高・ドル安が進むとは限りませんが、どちらのシナリオが進行しているのか見極めることで、クロス円の方向性が理解できますし、利益も狙えるでしょうね。

あんまりFXやらない人はいろんなレートがあって分かりにくいかもしれませんが、ユーロ/ドルとドル/円レートを見ておけば為替の動きは概観できますので是非チェックしてみてください。

2009/01/04(日) 18:58
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2004年からスタートした為替取引も今年で5年目になります。
2007年までは順調に利益を伸ばしてきましたが、2008年はマイナスリターンとなりました。

長期保持する予定だった利益の出ていたポジション、また含み損のポジションとも相場の変化が感じられたことから、8月頃までにほとんど手じまい、整理しています。春過ぎから始めた通貨オプションや、ウェイトを高くしたスイングトレードで利益も出ていましたが、トータルでは2008年のFXパフォーマンスは-25%程度です。

この一年は、トレード比率を高めていたので為替レートをまめにチェックしていました。これが結果的によかったようです。大きく相場が動くときは、いつもとは違う値動きをする通貨がある・・・ということを何度か体験しています。「異変」のようなものですね。

2003年頃から2007年あたりまでは、今と比べるとボラティリティも小さく、また円などの低金利通貨と主要通貨、高金利通貨の金利差も拡大傾向にあったことから、中長期で保持しているだけで利益が得やすい相場でした。金利差が材料になりやすい相場でもありました。この間、円安も大きく進みました。

2008年に入って、米ドルをはじめ金利差が縮小してきたことから、いわゆるスワップ狙いの投資戦略は相場に適応するのが難しくなりました。加えて為替相場、株式市場とも金融危機により、これまで積みあがってきたロングポジションが雪崩のように崩れ、ボラティリティが過去例にないほど増大しました。

金融危機が起こることを前提とした投資戦略というのは、普通は難しいと思います。ただ、10年に一度、大規模な下げはあること、下がったものは上がるということを為替相場の前提とし、長期投資をするなら、下がるまで待つ、高いところでは買わないということは基本です。いくらドルコスト平均法などで時間分散をしても、高いところで買ってしまっては、含み損が大きくなったときに身動きができなくなってしまいます。レバレッジ取引では特に注意が必要ですね。

過去レートと比較して、これから面白そうな通貨としては豪ドルやカナダドルあたりかと個人的には思っています。ただやはり10年に一度しか起こらないような変動相場、それをも超えるような大変動、乱高下があり、現時点でも株・為替市場ともまだ落ち着いたようには見えません。

ファンダメンタルズの変化、または金利が下げ止まり、上昇していくというようなニュースが出るといったこと、昨年後半にかけて暴落となった原油先物価格が上昇してくるとかの材料が出てくれば、豪ドルやカナダドルなども上昇しやすいので、買っていくのにいい時期だと思います。そうすれば、1~2年後には金利差を背景としたトレードもぼちぼちでてくるでしょう。為替差益と金利差益の両方を狙える、いわゆるキャリートレードが復活してくるかもしれません。しかし、まだまだそんな雰囲気もなく、その前兆もない状態なので長期のポジションはとりにくいと思います。

目下はボラティリティの大きさを利用したスイングトレード、デイトレードのウェイトは高めにしています。通貨オプションもスプレッドが小さくなっている時ならやりやすいです。個人的には、昨年から株価指数先物の取引もスタートしています。株式市場の動きも、以前より気にするようになりました。
2009年はマーケットを概観し、数か月毎にその時々で理解しやすいテーマで動いている相場で利益をとる戦略です。

年末からの変化としては、昨年は真っ先に下落しした豪ドルが、一番にしっかりしてきていることですね(対円、対米ドル)。その次にユーロも上昇、原油価格も上昇ということになってくれば、同時にこれは米ドル安を意味しますので、去年の水準をターゲットに米ドル安が進むシナリオが見えてきます。それまでは、長期のポジションとして積極的に買いを入れる必要はないと思っています。米ドルの動向、米国株の動向がポイントですね。

2008/12/22(月) 23:21
1週間前に書いた記事がずいぶん昔のことのように感じられます。
ずいぶん動きましたね。

ポンド、ドル、ユーロ、スイスフランがよく動きました。円はまだ動きが少なかった方です。

ユーロドルは、急上昇後の急落。ジェットコースターです。ドルスイスも反対の動き。結局はドル安の流れは変わっていないわけですが、行きすぎたものはさすがに調整されたという位置で落ち着いている感じです。

なかなか経験できない相場ですが、無理に入らず、欲張らず。

相場の急変もありましたが、トレンドは、円高とドル安方向が継続しています。
トレンド表の更新が止まっていたので直しました。
2008/12/15(月) 14:14
米ドルの対ユーロでのドル安トレンドが鮮明になってきましたね。

節目の1.30ドルはあっさり越えてきました。早くも1.35ドルに届きそうな勢いです。ちょっとスピードが速すぎるように見えますが、ユーロドルが10月下旬から大幅下落となる直前、10月20日につけた最後の高値が1.352ドルです。

ここから1.30ドルあたりまで下落する間、ほとんど戻しがないままに下落していきました。こういう真空地帯があったので上がる時もリバウンドが大きくても不思議ではないです。

ドル/スイスのレートも重要な節目を迎えています。1.16フラン台はテクニカル的にはサポートがないところです。週足でのトレンドは現在中立。転換サイン点灯間近です。

先週末は対円でもドルが数か月ぶりの最安値をつけました。流れが変わってきている可能性も大。12月も中旬、要注意ですね。
2008/12/11(木) 22:58
ドル円レートが安値更新しましたね、91.2円。次は90.80円がサポートラインです
クロス円に比べて底固い印象のあったドル円ですが、いよいよ下落となるか?
80円台が見えてきましたね。介入などのうわさも出てくる水準です。

ユーロ/ドルは高値更新、ドル/スイスは安値更新に向かって、米ドル全面安の展開です。これまでのドル高のトレンド(対欧州通貨など)に変化が起こってきている感じです。要注意ですね。

利益の乗ったドル/スイスのロングポジション、閉じ始めている人もいるようです。
ユーロ/ドルも1.30をしっかり超えてくるのかどうか。

先週からトップページに載せているトレンド表ですが、週次のトレンドが変わってきています。
それぞれ、MACDの方向性と強さを数値化したものです。チャートやテクニカル指標見るのが苦手な人は参考にしてください。

チャートバージョンも作った方がいいですかね。
2008/11/26(水) 16:54
最近の円高でそろそろ仕込み時?ということを考えている方も多いようです。
スワップ派の方は特にそう思われることでしょう。

FXのスイングトレードでも、デイトレでも見ておきたいのは為替レートの時間軸ごとのトレンドです。
特にスイングや中長期でのポジション取りとなると、日足、週足、月足チャートをみて方向を確認するのが大事です。

以前記事にちょこっと書いた、通貨ペアのトレンドを簡単に知る方法。自動的に表示するシステムを試作してみました。当ブログのトップページに表示しています。

主要通貨ペアのトレンドがわかるようになっています。新着記事のエントリから記事を読んでいる人は、一度トップページをご覧ください。チャートやテクニカル指標をいろいろ見るのが苦手という人には、わかりやすいのではないかと思います。

それぞれ、日毎に見た時のトレンド、週ごとのトレンド、月ごとのトレンドとなっています。
例えば、豪ドル円(AUDJPY)は、月、週とも「-2」であり「強い下降トレンド」であることがわかります(11月25日時点)。日単位ではトレンド中立です。これらの3つのトレンドの方向が一致しているときは、スイングトレードでトレンドフォローしやすいわけです。

しかし、そうでない場合にエントリする場合。たとえば今豪ドル円をロング(買い持ち)するとしたら、日単位では方向感がない状態ですが、週、月単位で見ればまだ下落方向の流れの中にあるということです。

つまり、中長期のロングポジションをとる場合には十分な注意が必要です。もちろんこれは、投資期間、許容損失、目標利益などによってポジション戦略は変わってきますが、長期の方向性、中期の方向性もトレードする上では重要な情報です。

自分が逆のポジションを取ろうとしているのか、そうでないのか。これによって利益確定や損切りのポイントも変わってくるわけです。トレンドと逆行するときは損を小さく、利益確定も早く。トレンド方向に順張りのときは、利益を伸ばしやすいので差益の拡大を狙うことができます。

マイナススワップがいやだという人は、ユーロドルやドルスイスなども面白いかもしれませんね。

しばらくこのトレンド表示システムはブログに掲載しておきますので参考にしてみてください。ご意見、ご質問などあれば「プロフィール」横のメールまでお願いします(スパムが多いのでコメント受付は一時的に見合わせをさせていただいています。ご不便あったらすみません)。
2008/11/14(金) 15:40
今日は、マネー誌「円スパ」の取材でした。

思えば初めて取材を受けたのがちょうど2年前です。
当時FXでスワップ金利に着目した投資手法や、シミュレーションなどをブログに書いてたことがライターさんの目にとまったというわけです。

ライターさん自身も、「複利の効果で1億円」をSPAの記事に書いていたこともあり、金利に着目した投資手法に興味があったようです。そこで自分の投資手法やリスクなどを記事にしていただいたのですね。これをきっかけに、いろいろなメディアに出ることになりました。

今回のテーマは、スワップ派は死んでしまったのか?今後はどうなのか?というものです(という感じの特集になるはずです)。

金利差狙いの投資は、2002年~去年くらいまでは多くのチャンスがありました。
金利の高い通貨でも為替レートが上昇する、為替変動が急激でないという条件がそろっていたからです。しかしここ1~2年で徐々にこの前提が崩れてきました。そして、この金融危機で一気に相場が動いたため、逃げ遅れると大きな損失となってしまったわけです。

では、スワップ派の投資法はもう通用しないのか?

長期では大きな為替サイクルというものがあります。その時々で、相場のテーマや特徴が違います。今のようなボラティリティの高い相場。変動が大きい相場なら、それに向いた利益が取りやすい手法があります。

過去と全く同じパターンがこれからも再現するということはないですが、歴史は繰り返すものです。キャリートレードは忘れたころにやってくるのではないでしょうか。その前に動き、テーマとなった頃に売り抜ける。

長期でいつも利益が取れる投資手法、トレード方法というものは存在しないと思います。相場にあわせて最適な戦略をとる、常に変化していくということが必要なのだろうと思います。

取材の内容は、12月発売のエンスパ(\en SPA)に掲載されます。
2008/10/24(金) 17:45
ここのところの為替相場の大荒れはすさまじいものがありますね。
為替だけではありませんが、FXでもクロス円を中心にロングしてきた人も手仕舞いせざるを得なくなっているようです。私もほとんどポジションは持っていないのですが、とんでもない相場にいるんだなと、目が離せない毎日です。

新規にまた入ってくるロングもあるのでしょう。くりっく365など見ているとやはり円売りポジションが6~7割という感じですね。去年あたりに比べたらずいぶん減りましたけど。

金利は下がったとはいえ、まだまだ魅力的なオセアニアの通貨。
そろそろ底なのでは?と見ている方も多いのではないでしょうか。

長期の過去為替レートでは、豪ドル円は60円割れ、55円付近まで円高が進んだことがあります。
そしてこの後は、ゆっくりと上昇に転じることになります。
大底付近のチャートを切り出してみましょう。

豪ドル円の大底

※1998年10月~2003年10月の豪ドル円チャート

大底としてこのあたりが下値目処になってくるわけですが、豪ドル円のレートは、豪ドル米ドル(AUD/USD)と米ドル円(USD/JPY)から計算されるので、それぞれ分解してみます。

豪ドルと米ドルと円のチャート

※1993年10月~2008年10月のAUDUSDとUSDJPYチャート

こちらはかなり長期のチャートです。

USDJPYの安値は80円。AUDUSDの安値は0.50ドル。時期は、一致していません。チャートは載せませんが、AUDUSDとEURUSDは、チャートの形状が似ています。AUDUSDの安値の時期はEURUSDの安値の時期とほぼ一致します。

EURUSDは1.00ドル割れて0.80~1.00で推移していた時期があります(2000~2002年)。このときAUDUSDの底値は0.50ドル程度でした。最近はEURUSDの底値のターゲットが1.20ドルと言われていますが、ここを割ってくるようだと1.00ドルが次の大きなサポートになります。そうなると、AUDUSDのレートは同じ時期の0.50ドルあたりまで来る可能性が見えてきてしまいます。

また、USDJPY(ドル円)レートはこのとき(2000~2002年)円安気味でで115円~135円でした。よって、AUDUJPY(豪ドル円)レートは、0.50ドルを掛けて55円くらいが底値だったわけです。

一方で、米ドル円の底値としては1995年の80円台が目立っています。今回は、どうでしょうか。いくつかシナリオを想定してみます。

①円の独歩高が進む
ドル円レートが80円くらいになり、EURUSDも下落基調とはいえドルも弱いため、EURUSDは大底まで下がらず、豪ドルもその水準でとどまる。それでも、AUDUSD=0.60でUSDJPY=80なら、AUDJPYは48円。

②ドル円レートは90~110円台で落ち着つく
EURやAUDは2002年レベルまで続落する。豪ドル円の底は55円台。

③ドル円80円、AUDUSD 0.50
過去の底値を寄せ集めて計算すると、豪ドル円レートは40円。

100年に一度の荒れ相場ということになると、過去の常識や下値目処が更新されても不思議ではありませんが、③は過去の最安値をまったく違う時間軸から拾ってきて計算されるレートです。ワーストケースといえるでしょうけど、100年に一度ですからね・・・

どう進むかまったく想像できません。

AUDJPY(豪ドル円)の底値を考えるために、今回はAUDUSDとUSDJPYに分解してみました。また、AUDUSDレートと連動性の高い(相関の強い)EURUSDを手がかりにしてみました。

最近はあまり予想をしないようにしていますけど(予想をしたところでトレードで勝てる相場ではない)、大底が気になる人には、糸口としてこんな考え方もあると、知っていただければと思います。

※今回の長期のチャートは拙作FX分析ツールより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。