相関がトレードの役に立つか検証する

ここでは、相関がトレードの役に立つか検証する に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/04/03(月) 22:00

これまで3回にわたって主要通貨の相関係数を調べてきました。


今回は、この相関が実際のトレードでどのように有効に働くかを調べます。調査する対象は次の組み合わせです。

  1. ドル円/ユーロドル(逆相関大)
  2. ドル円/ポンドスイス(相関小)

※相関係数の算出対象期間は2003/3/13~2006/3/10までの約3年間

 

それぞれ順番に見ていきます。

 

1.逆相関の大きい通貨を2つ持てば損益は相殺されやすくなる

ドル円/ユーロドルの相関係数は-0.83なので逆相関が大きいです。この2つを同時に保有するとそれぞれのレート変動は相殺される効果が高くなります。ポジションを単独で持つときと、2つを同時に持つときでどのような違いがあるかを表にしました。

いずれも2003/3/31に買い、2006/3/10まで持ち続けたときの3年間における最大含み益、最大含み損と3年間の受け取りスワップポイント合計です(以下全て円換算、スワップポイントは三菱商事フューチャーズの政策金利一覧表を基に計算)。

 

保持通貨 最大含み益 最大含み損 スワップ益 通貨数
ドル円のみ
\354,000
\1,542,000
\482,405
100,000
ユーロドルのみ
\2,731,620
\482,641
\-19,532
100,000
ドル円/ユーロドル
\709,174
\172,835
\231,436
50,000 + 50,000

 

ドル円のみの場合、最大含み損は約150万円。ユーロドルのみの場合、最大含み損は約50万円です。2つ同時に保持した場合、最大の含み損は大幅に減って約20万円となります。逆相関の大きい通貨を組み合わせることで、単独で保持するよりも含み損は大きく減ることがわかります。ただし、逆相関は相殺効果があるため含み益も減ることを表から読み取ってください。

 

2.相関の小さい通貨を2つ持てば損益のぶれは小さくなる

ドル円/ポンドスイスの相関係数は-0.24なので相関は小さいです。この場合はどうなるのでしょうか。上と同じ条件で表にしました。

 

保持通貨 最大含み益 最大含み損 スワップ益 通貨数
ドル円のみ
\354,000
\1,542,000
\482,405
100,000
ポンドスイスのみ
\1,962,653
\447,061
\1,562,099
100,000
ドル円/ポンドスイス
\779,375
\742,503
\1,022,252
50,000 + 50,000

 

単独で保持した場合の最大含み損は1のケースと似ていますが、2つ同時に保持した場合の最大含み損は約75万円です。ドル円を単独で保持するときよりも減り、ポンドスイス単独で保持するときよりも増えています。含み益についても同様です。相関の小さい通貨を組み合わせることで、単独で保持するときの損益が平均化されることがわかります。

さて、それでは相関の大きい通貨を2つ持つとどうなるのでしょうか?・・・・

 

BLOGランキングで複数通貨保持者を探す

banner_02.gif↓参考になった方はクリック頂けると幸いです。

★為替証拠金ブログランキング★     ブログ村ランキングはこちらから。
コメント
この記事へのコメント
相互リンク希望
こんばんは
私は、ユーロクロスを中心に為替を張ってます。
大変参考になるデータ分析ありがとうございます。
今後、相互リンクお願いできないでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

2006/04/05(水) 00:41 | URL | KID BEAR #-[ 編集]
KID BEARさん

コメありがとうございます。リンクさせていただきました。

ユーロクロスで取引されているんですね。私も徐々に欧州通貨へシフトしていっています。

今後ともよろしくお願いします。
2006/04/05(水) 20:47 | URL | ハヤブサ #-[ 編集]
MASAさん

USD/JPYやGBP/CHFを取引する時は通常レバレッジをかけて取引をします。
損益を円で評価するときはレバかかった為替取引ではなく換算です。
ご指摘の通りCHFの損益を、JPYで評価するときはCHF/JPYのレートで換算することになります。
このときはレバレッジ取引をしているわけではないので対円レート変化があっても影響は小さくなります。

なお、過去にも類似のご質問を受けたことがありますので
下記の記事もご参考までにご覧ください。
http://hayabu3.blog27.fc2.com/blog-entry-136.html

相関係数については、あくまでも通貨ペア同士の関係をみるためのものですので円に換算するという考えは取り入れていません。
2007/08/29(水) 13:33 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
MASAさん

そうですね、関係がないというとちょっと語弊がありますが、円で評価する計算では、さほど影響がないと考えてよいと思います。

FX分析ツールの方は、知りたいときにすぐ調べられるのが便利なところで私自身よく使用しています。ゆっくりご検討いただければと思います。
2007/08/30(木) 15:33 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:  編集・削除用
非公開: はやぶさだけにコメント表示を許可
※相互リンク依頼は専用フォームをご利用下さい
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/79-5b385d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昨日は少しブログが長くなったので、日曜恒例となりつつあった羽黒法での為替分析・予想を書かなかったのですが、週初めの動きを見る上で注目したい事を発見したので、今日は早めに書いてます。1番注目したいのは円の動向
2006/07/31(月) 08:06:37 | ちょっと気になる為替ブログ
相関関係については、はやぶささんのブログを参考にすると分かりやすいと思います。このブログがきっかけで相関係数をセントラル短資オンライントレード対応の16通貨について、相関マトリクスを作ってみました(
2006/09/13(水) 00:06:57 | スワップ派の投資術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。