スワップ派はこうして含み損の拡大を乗り切る

ここでは、スワップ派はこうして含み損の拡大を乗り切る に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/02/21(火) 20:27
今回は、為替変動が想定よりも大きく含み損が拡大しそうなときに
どのようにすればよいかについて考えてみます。

次の前提に基づいた取引(スワップ金利運用)をするものとします。

・長期間スワップ金利の獲得だけ狙う
・為替レートは一定のレンジ内で動く

つまり為替レートはい一定のレンジ内で動くため、含み損が拡大しても
時間が経過すれば含み損は少なくなっていく。
このため強制決済を避けられるよう資金とポジションの多きさ(レバレッジ)を調節しながらスワップ金利を確実に手に入れていきます。

このとき問題となるのは「一定のレンジ」をどこに置くかです。
含み益が出ているときは、利益を確定させるもよし、そのまま
スワップポイントを受け取り続けるのもよし。
これはトレーダーの方針次第です。

しかし、損が出ているときは「レンジの底」が重要になってきます。
為替レートが想定していた最低レートを下回り損が拡大しそうなときは
どのようにすればよいでしょうか。

 1) 資金を投入する
  損が拡大していくとき、追加証拠金が発生するのを避けるための
  最も確実な方法は資金を投入することです。当たり前のことですね。
  しかし問題はどこまで下がったときにいくら投入すればいいのかを
  きちんと計算しているかどうかです。
  レバレッジが高い場合は、資金を投入してもそこからさらに
  少しレートが下がっただけで、さらなる証拠金不足もありえます。
  このようにならないように、レバレッジを管理するのは
  もちろんですが、いざという時に投入できる資金量と
  その資金についてもそこからどれだけの余力になるのかを
  把握しておくのは大事なことです。
  
 2) 両建てをして含み損の拡大を防ぐ
  限られた資金の中で出来る限り効率よく収益をあげるためには
  レバレッジが高くなる場合もあります。
  このようなときにその通貨ペアを両建てする方法があります。
  ここでいう両建てとは、持っているポジションについて
  それと同数のポジションを反対売買することです。
  決済をせずロールオーバーを継続します(注1)。
  また売り買いのポジションを両建てすることにより証拠金が
  相殺されるということも必要な条件です(注2)。
  
  両建てをすると、どうなるのでしょうか?
  まず、その時点からの含み益の拡大を防ぐことが出来ます。
  そして、決済をしないのため損は確定されません。
  スワップ金利は入ってきません。

  こうやっておいて戻りを待ちます。
  長い時間がかかるかもしれませんが、やがて戻ってきたとき
  両建てしておいたポジションは慎重に解除します。
  うまく解除すれば、両建てによる含み損は解消できます。
  (この方法については、いずれ詳しく取り上げたいと思います。)
  
  ただし両建て時は、スワップポイントが若干ですがマイナスに
  なります。これはFX会社の利益になっているわけですが。
  どれだけマイナスになるかは、確認しておきましょう。

  注1,2)このような取引が出来る業者は限定されます。
  他の条件も考慮するとセントラル短資が最適でしょう。

 3) 通貨の相関関係を考慮して含み損の拡大を防ぐ
  上記二つの方法の他には、相関の高い通貨ペアを反対売買する
  という方法があります。あるいは逆相関の通貨ペアを同じように
  買う(または売る)ようにします。

  相関とは、簡単に言えば値動きがどれくらい似ているかということです。
  値動きが似ている2つの通貨ペアを売買逆にしてポジションを
  建てれば為替レート変動があっても、損益は打ち消しあいます。
  
  たとえば、スイス円は高金利のクロス円と相関が高い割には
  スワップポイントが少ない通貨です。
  NZD円を買っている場合、スイス円を売ることにより
  NZD円が下がっても、同じようにスイス円が下がるため
  売りと買いの両ポジションにより為替損益は相殺されやすくなります。
  スイス円は金利も低いため、売りポジションによるマイナススワップも
  比較的少なめです。このようにすれば為替差損の拡大を防ぎつつ
  スワップポイントもプラスで得られることになります。
  
  ただし反対売買をするといっても新たにポジションを
  作ることになるため証拠金が必要です。
  従って資金的な余力があることが前提となります。
  
  また、この方法を使うときは、同じ為替取引会社で
  売りと買いのポジションを持つ必要があります。
  違う為替取引会社で、売りと買いを持っていても
  評価損益が差し引きされないため、追加証拠金を避けるのに
  有効ではありません。

以上、今回は長期間にわたるスワップ金利運用において含み損が想定よりも拡大しそうなときにどのようにすればよいかについて検討しました。
次回以降は、そもそも含み損が広がらないようにするために
有効な取引方法を検討していきます。

なお、ここで紹介した取引方法は、シミュレーション売買の結果と
あわせていずれ紹介する予定です。

banner_02.gif←参考になった、参考になりそうなら応援よろしくお願いします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:  編集・削除用
非公開: はやぶさだけにコメント表示を許可
※相互リンク依頼は専用フォームをご利用下さい
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/64-b8313987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。