スワップねらいの今昔、今は?

ここでは、スワップねらいの今昔、今は? に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/01(金) 10:58
スワップ派のキャリートレード向きの相場が来るのかどうかということで、久々に¥enSPAの取材を受けました。
ブログで書いている内容と同じ事を話しました。

前回記事のチェックポイント1)として、メジャー通貨の金利が上昇してきているというと、まだですね。
ここ半年くらいでみると米ドル、英ポンド、利上げ期待されてますがまだ。
ユーロはちょっと上がって据え置き。豪ドルのみ利上げがありました。

そしてポイント2)として、為替や各国の株価指数などでリスク選好のトレンドがあるか。
株価指数は割とゆるやかな上昇基調にあります。ただ、トレンドが続いているかというと
それほどでもない。投資家がどんどんリスク選好している状況にはないです。
為替相場をみると、目立って上昇してきたのは豪ドルくらいでしょうか。

ポイント3)として、ボラティリティが大きくないか。
リーマン・ショック後から1年くらいはボラティリティが大きかったですがここのところは
割合落ち着いてます。この点はクリアしてます。

結局は金利上昇待ちです。
金利が上昇している通貨、上昇トレンドにあるものとしては豪ドル。
ということで、豪ドル円やランド円などでスワップ狙いの投資をやっている人もいるようです。
私も、豪ドル円はトレードをしていますがスワップ狙いではありません。
売りも買いも織り交ぜスイングトレードです(シストレ)。

ただキャリートレード全盛の時のような旨みはないにしても、スワップ狙いでもやりようはあるでしょう。
知人の投資家ふりーパパさんは、豪ドル円で、低レバのスワップ運用を実践しています。
その手法をEbookにまとめられたので紹介します。

通貨の選択とシナリオの想定方法。ポジションの取り方と手仕舞いの基準。
リスク管理、トレンド、金利のチェック方法。
P&Fを使ったチャート分析、ボックス圏の売買など。
具体的な戦略のたてかたを解説されています。

またサブプライム・リーマン、ギリシャショックなどがあったときに、どう対処すればよかったのか、
これから同じようなショックが起こったときのことを想定し参考になるでしょう。
P&Fを使ったトレンド分析はユニークです。

スワップ運用の今と昔。今やるならどういうやり方があるのか。
豪ドル以外の通貨でも利上げとなれば応用できる内容です。

ふりーパパ式FXキャリートレード

ちなみにふりーパパさんは、不動産投資のプロでもあります。
エンジュクのブログでも相場や経済のことなど全般についてまめに更新されていますので参考になりますよ。

てーげー投資ライフのすすめ


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/270-c78757b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。