スワップ狙いのFX今と昔

ここでは、スワップ狙いのFX今と昔 に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/20(月) 22:43
今でも時々問い合わせをいただくFXのスワップ狙いの投資法。キャリートレードともいわれますね。通貨の金利差に着目して金利を得る方法で、FXでは過去ブームにもなりました。当然為替リスクもありますが為替変動が少なかったり、為替レートが有利にトレンド継続というような旨みのある時期は実際あったわけです。

サブプライムやリーマン・ショックでキャリートレードのブームもバーストし、金利差もどんどん縮小。

その後はどうかというと、

・為替変動は落ち着いてきていている
・金利はまだ低い状態
・一部では利上げされた通貨もある

となっていますが今後どうなるのか。

分かりやすいポイントは金利動向ですね。金利は各国の中央銀行による政策金利で景気・経済と密接に結びついています。
一般的に、金利は上がるときは上がり続け、下がるときは下がり続けるというように長期的な方向性があります。景気のサイクルは金利のサイクルと言えるでしょう。

もしこの金利のサイクルが近いうちに上向きになるとすれば、金利差を狙ったキャリートレードも復活か、それなら今は仕込みどき?そんなことを考える人もいるはずです。

個人的にはキャリートレードのような投資が成立するにはいくつかの条件が揃っている必要があると思います。

1)メジャー通貨の金利が上昇してきている
2)為替や各国の株価指数などでリスク選好のトレンドがある
3)ボラティリティが大きくない

簡単にいえばバブルの初期~中期のような形でも観測できるでしょう。
2009年以降は、プチバブルとミニショックの短いサイクルが発生しているだけで大きな流れはありませんでした。
中には、上記条件となっている通貨や、中規模の指数等もあります。
そういった通貨や銘柄に投資すればいいのか、あるいは近い将来トレンドとして他にも波及していくのか。

メジャー通貨や主要な株価指数などを1つずつチェックしていきます。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/269-2cce0b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。