新ポジションをとるときの取引枚数は、偶数がおすすめ。

ここでは、新ポジションをとるときの取引枚数は、偶数がおすすめ。 に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/12/03(土) 08:27
12月に入ってから、キウイ円(NZD/円)を84円前後で打診買いしました。

どこまで上がるかわからないので、一気に勝負には出られません。
値動きの上下幅が大きくなることも想定し、1円を抜けたら売るようにしていました。

その結果・・・
すぐに決済されてしまい、もうポジションがありません。
ドル円もそうですが、クロス円通貨は軒並み上昇していて
ここが押し目だという買い場がなかなかやってきませんね。

もちろん、利益が出ているのでよいのですが本当はホールドしてスワップを稼ぎたいところです。このような場面だと、スワップ派としては、利益確定するのではなく、ホールドした方がよいのでしょうか?

参考にさせていただいているスワップトレード法は、こちら

ここで、私が以前採用していたトレード方法をスワップねらいの取引でも使ってみようと思いました。
その方法とは、買うときに、枚数を偶数にするというものです。
どのような場面でも、決済すべきかどうか判断を迷ったら、半分を売り、残り半分はホールドしておくのですね。

「このままホールドした方が得かもしれない」「でも今のうちに決済した方が得かもしれない」というように迷ったときは機械的に半分を決済します。

これは、損をしている場面でも有効です。
私は、キウイ円の売りを仕掛けていたときは、この方法で損失を少なくすることが出来ました。

次の取引からは必ず偶数枚で注文を出します。
結果また報告します。


他にもいろんなトレード方法があります。
コメント
この記事へのコメント
最近、僕はインフルエンザの予防接種に行ってきました!
鳥インフルには聞かないけど・・・・・
2005/12/03(土) 14:06 | URL | (*゚▽゚*) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:  編集・削除用
非公開: はやぶさだけにコメント表示を許可
※相互リンク依頼は専用フォームをご利用下さい
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/24-2f874a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 英国政府主催の国際会議におけるグリーンスパンFRB議長の講演が2日ロンドンであ
2005/12/03(土) 10:32:22 | 経済まねきねこ 外国為替情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。