スイスフラン介入の効果は?

ここでは、スイスフラン介入の効果は? に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/31(火) 22:13
ちょっと間が空いてしまいましたが、ボラタイルな相場は株も為替も相変わらずですね。ですがこのような相場は株価指数のトレードも面白いです。

最近はFX Online JapanでCFD取引ができるようになりました。FXと同じ口座でそのまま取引可能です。国内の株価指数だけでなく世界中の株価指数も取引できるので非常に便利です。株価指数取引は、取引時間に近ければスプレッドも小さく、手数料もなし。しかもストップ注文を入れれば証拠金が非常に少なくてすみます。かなり有利なシステムではないでしょうか。

「為替はあまり方向感がなくても、株価はトレンドが出ている」というような時に、すぐに入れるのがいいですね。

さて目立った変化としては、オセアニア通貨が上昇してきていることでしょうか。原油先物価格も上昇しつつあります。こんなときは、これまでだとユーロももっと強くなりそうなものですが、そんなに強くないようで、ドルとの綱引きが続いているという状況です。

3月だけでみれば、オセアニアが強く、円とドルがやや弱いという結果になりました。その他はほぼ変わらずです。堅調なオセアニア通貨ですが、このまま上昇するでしょうか。個人的には4月にはいったん調整もありと思っています。円とドルが他通貨に対して相対的に弱くなったので、結果として上昇しているだけのようなので。そのタイミングはいつ? 過去のパターンを繰り返すとは限りませんが、手がかりを1995年にさかのぼってみます。

1995年は、スイスフラン高ということでスイス中銀の為替介入がありました(前回記事)。「介入後は、一瞬スイスフラン安になるものの、数週間で元の水準に戻り、むしろスイスフラン高になった」という内容でしたが、今回の為替介入後も今のところ同じようなことが起きています。豪ドルとユーロに対しては、スイスフランが弱含み継続中ですが、その他では介入前の水準近くまで戻ってきています。

さて、今回は「金」に対してスイスフランがどうだったかも調べてみました。
chf_gold.jpg

上のチャートで、介入前の「スイスフランvs金」の値動きは、黄緑の線です。通貨と同じような結果となりました。豪ドルと一部にたような動きになっています。この期間をとっても、資源国通貨である豪ドルは金の価格とリンクしやすいということが言えそうです。

AUD/CHFのロングを狙っている場合は、いったんスイスフランが強くなるのを待ってからでもよいということになりますが、4月にそのような相場が来るかどうかですね。

もうひとつ、前回グラフには描かなかった円に対してはスイスフラン高となっています(スイス円のレートは逆転させてJPY/CHFとしています)。それ以上に円安が進んだということも、ちょっと興味深いデータです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/224-9b3500b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。