ポンドは反発してそのあとは?

ここでは、ポンドは反発してそのあとは? に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/01(日) 07:02
いろんな材料が出てきてどん底という感じの英ポンドでしたが130円台回復しました。

スプレッドが広かったり、ノイズっぽい動きが多いことから、普段あまり見ず、触らない通貨ではありますが、今回ポンド円は下にも、上にも素直な動きをしていたので、便乗させていただきました。
月足陽線こそならなかったものの、テクニカル的には非常にわかりやすい動きだったのではないでしょうか。トレンドラインや、フィボナッチがチャートの見本のように機能していました。

素直に反応していたのは、もちろん材料に対してではありませんので・・・歴史的安値更新などのこういう危ういポイントにいるときは、いろんな話が飛び出してくるものですが、システムトレードでは、一切無視です。

ポンドがこの先どうなるかは、やっぱりわからないですが、目先130円台乗せてきたので次のテクニカルポイントまでいったん伸びそうではあります。そして反落というのがメインシナリオでしょうか。

最近は1日もかからずにそういう変化が起こることもあり・・・スピードが本当に早いです。上に行く場合は円安材料に株高、ポンド高。そうでなければ下へときれいな波が来るならまた乗るのも良しで、この高いボラティリティ、動きがノイズでない場合は、波乗りは爽快です。そう、負けても爽快なほどに。

さて、重要なことですが、NZドルが対円、対ドルで安値更新しました(終値ベース)。非常に危ないポイントに来ている感じです。急落もあり得えます。その後の急騰もまたありです。基本触らずといった感じですが、豪ドルもNZドルの下げで引っ張られると、節目を割って危ないかもしれませんね。 逆の見方をすれば最後の踏ん張りどころではありますが。というのも、クロス円は、これまで下落だった中期のトレンドが中立へと変化したものもありますし。週末はカナダ円を打診買いしました。

1年越しで開発しているトレンド分析のソフト、最後の追い込み作業で缶詰め状態が続く毎日でしたが、98%完成です。近々、前のFX分析ツール使っていただいている皆さんにご案内させていただきます。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/212-df6049d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。