トレンドの変化 カナダドルでスイングトレードは如何?

ここでは、トレンドの変化 カナダドルでスイングトレードは如何? に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/28(水) 20:18
書き忘れてしまったのですが、2日前にUSDCAD(米ドル/カナダドル)のトレンドが上向きから下落に転じていました(日トレンド)。現在中立ですが、割と大きく振れそうな印象があります。

本日時点で注目すべきは、ドルスイスとユーロドルが、日、週、月ともすべてにおいてトレンド中立になっていることです。これだけそろうのはとても珍しいことだと思います。ドルストレートは売り買いで迷っている状態ですね。明確な方向性が出るのにはもう少し時間がかかりそうです。

ドル円、クロス円については、月足ではまだまだ下向きですが、週単位では中立になっていて、カナダドル円、ユーロ円、豪ドル円もそうです。

上昇してくる時にテクニカル的なポイントとしては、カナダ円の75円、ユーロ円の120円、豪ドル円の60円です。

円高が優勢なので、円安方向に進むのはメインシナリオではない感じがしますが、上昇したときのストーリーも時々は更新しておこうと思います。

とりあえず今注目しているのカナダドル/円。
加ドルを見る上では原油先物価格も要チェックです。相関性高いです。

NY原油の日足チャート。
底打ち感が漂っているような気がしますがどうでしょうか。分厚い雲でまだ上昇という感じはありませんが、もし上昇するならこんな感じでしょうか。レンジに戻るシナリオもありですが。
wti_200901

そして、ドルカナダ(USD/CAD)は、いよいよトレンドが下向きとなるか?それとも、もう一度なのか転換点かもしれません。
usdcad_200901

原油価格が上昇すれば、カナダドル(CAD)上昇。そしてカナダ円も上昇するか?
cadjpy_200901

カナダ円はやはりドル円レートに左右されるので、ドル円レートがあんまり動かないことが前提となります。つまり、原油上昇、カナダ上昇、米ドルと円は弱いというケース。
マーケットでは円高が進むのがメインシナリオですから、カナダ円の上昇もあんまりなさそうな話ではありますが。

そういうわけで、円安になったらカナダ円の動向を見つつ参入ポイントを探し、円高になっても動きのありそうなドルカナダのスイングは面白そうです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/211-4c61f1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。