主要通貨ペアのトレンド

ここでは、主要通貨ペアのトレンド に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/26(水) 16:54
最近の円高でそろそろ仕込み時?ということを考えている方も多いようです。
スワップ派の方は特にそう思われることでしょう。

FXのスイングトレードでも、デイトレでも見ておきたいのは為替レートの時間軸ごとのトレンドです。
特にスイングや中長期でのポジション取りとなると、日足、週足、月足チャートをみて方向を確認するのが大事です。

以前記事にちょこっと書いた、通貨ペアのトレンドを簡単に知る方法。自動的に表示するシステムを試作してみました。当ブログのトップページに表示しています。

主要通貨ペアのトレンドがわかるようになっています。新着記事のエントリから記事を読んでいる人は、一度トップページをご覧ください。チャートやテクニカル指標をいろいろ見るのが苦手という人には、わかりやすいのではないかと思います。

それぞれ、日毎に見た時のトレンド、週ごとのトレンド、月ごとのトレンドとなっています。
例えば、豪ドル円(AUDJPY)は、月、週とも「-2」であり「強い下降トレンド」であることがわかります(11月25日時点)。日単位ではトレンド中立です。これらの3つのトレンドの方向が一致しているときは、スイングトレードでトレンドフォローしやすいわけです。

しかし、そうでない場合にエントリする場合。たとえば今豪ドル円をロング(買い持ち)するとしたら、日単位では方向感がない状態ですが、週、月単位で見ればまだ下落方向の流れの中にあるということです。

つまり、中長期のロングポジションをとる場合には十分な注意が必要です。もちろんこれは、投資期間、許容損失、目標利益などによってポジション戦略は変わってきますが、長期の方向性、中期の方向性もトレードする上では重要な情報です。

自分が逆のポジションを取ろうとしているのか、そうでないのか。これによって利益確定や損切りのポイントも変わってくるわけです。トレンドと逆行するときは損を小さく、利益確定も早く。トレンド方向に順張りのときは、利益を伸ばしやすいので差益の拡大を狙うことができます。

マイナススワップがいやだという人は、ユーロドルやドルスイスなども面白いかもしれませんね。

しばらくこのトレンド表示システムはブログに掲載しておきますので参考にしてみてください。ご意見、ご質問などあれば「プロフィール」横のメールまでお願いします(スパムが多いのでコメント受付は一時的に見合わせをさせていただいています。ご不便あったらすみません)。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/204-bed1ecd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
高木さんとは、私のメンバーの一人ですが、 実はまだ23歳の女性。 若干23歳でエステのお店を経営している商才ある女性ですが、そこを抜かせばまだトレードを始めて数ヶ月の素人トレーダーなのです。 確かに私は時間がたっぷりありますので、まる1日トレードにすべ
2008/11/26(水) 19:32:36 | これが答えだ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。