FX相場に張り付かなくても動きを知る仕組み

ここでは、FX相場に張り付かなくても動きを知る仕組み に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/16(木) 21:16
前回記事の続きです。

FXに限りませんが、最近のような大きな相場に限らず、この数ヶ月間は、相場の転換点とも言えるべきポイントがいくつかありました。もちろん転換点だったかどうかは後からわかるのですが、変化の兆しかもしれないポイントというのは実際にありました。SNSの日記に書いているように7月下旬頃からのオセアニア通貨の下落なども、先回りして対応することができました。

最近のFX相場の大暴落、急騰。気がついたらとんでもない為替レートになっていたということがよくあります。これをずっと監視しているわけにはいきません。本業のある個人投資家には困難です。

では、個人投資家が限られた時間で相場の流れや、FX相場の変化するポイントなどをを知ることはできるのか。これは、ツールをうまく使えば可能だと思います。

相場が大きな動きをしたり変化をしたときに、それを検知し、知らせてくれるツールはあります。テクニカルインジケータ(指標)やレートの変化などがある条件になったら通知するようなFX専用の高機能なチャートソフトです。無料で提供されているものもたくさんあります。

私はMetaTrader4などのソフトをカスタマイズしています。変化を検知し、通知してくれるようにしているので相場を常時監視する必要はありません。こういったツールを使う投資家はどんどん増えているようですね。ただ、思うように設定するはなかなか難しいという声も聞きます。

職業柄、プログラムやアラーム通知などの仕組みを作るのは得意分野です。ツールをカスタマイズして使いこなしていくのは自分にはすごく楽しい作業です。なじみのない人でも、独学で根気さえあれば可能ですね。↓こんな風に大きなトレンドや変化をひと目で把握することもできます。

eurusd_trend_20081014221756.png  eurusd_trend.png

FXツールとして、自分用に使っているわけですが、このブログを見ていただいている方たちにも参考になるようなものを、表示できるようにしようと計画中です。このブログか、別のサイト上で、画像またはテキストでわかるようなサインを出せるかどうか、いま技術的な検討をしています。

FXのシステムトレードというわけではないのですが、近いイメージです。いわゆる、売買サインというわけではなく、トレンドなど大きな変化があった場合にそれを知るための仕組みですね。

まずは試作版ですが、楽しみにしていて下さい!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/200-0edf94c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。