円高の大波でもFXでスイングトレード

ここでは、円高の大波でもFXでスイングトレード に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/07(火) 14:55
世界恐慌というようなキーワードを耳にするようになりましたが、昨日は株式市場や為替相場が本当に大きく動いた一日でした。去年の8月のサブプライムショックのときよりも一日の変動幅が大きかった通貨がたくさんあります。

高金利通貨の下落が目立ちました。オセアニア通貨もかなり下げていましたが、特に豪ドルはすごかったですね。数日前の80円台から、一気に70円割れ目前まで円高が進みました。NZドルは、選考して下げていた分、下落率としては豪ドルよりも低かったようです。それにしても大きく動いた一日でした。

この相場をどのように過ごすのか、いろいろな方と情報交換をしています。ポジション縮小(または全部清算)している人が多く、ついで何もしない(手が出せない)という方がほとんどのようです。
もちろん積極的に仕掛けていく方もいます。損失のほうも、利益のほうもかなりの幅があるようです。

私は、前にもちょっと書いていたような形でちょこちょこと、一週間単位くらいで相場に入って取引をしています。いわゆるスイングトレードもやっています。

今年に入ってから、FXの通貨オプション取引もしていますが、数日程度のスイングトレードは、以前から時々やっています。デイトレやスイングトレードをするためには、ある程度相場を見ていなければならないわけですが、現実的にはじーっと相場をみているわけにも行きません。

そこで最近良く使っているツールがMetaTrader4などのチャートツールです。シストレ用にカスタマイズして、トレンドの発生や、レンジの確認、売買サインの確認などに使っています。アラームの発信などは自動化していないので、取引するときだけ見るという感じです。

常時見ていなくても、大きな相場の動きがあったときの、相場のうねり、全体の方向などを、教えてくれるようなものは便利なので、カスタマイズをしつつ開発を進めています。FXをやっている知り合いでも同じようなことをやっている人が結構多いんです。もともとSEなどシステムが本業の人が多いですからね。

シストレ(システムトレード、システムトレーディング)を、「ある決まったルールに従って取引すること」と広義にとらえると、いろいろなレベルがあります。

・レートなどのアラーム通知
・トレンドサインや売買シグナルの発生
・エントリーポイントと、エグジットポイントの通知
・完全自動売買

上のほうは、それだけでシステムとは呼べませんが、システムの一部といえます。
それぞれ、利益目標、許容損失、トレード頻度・投資期間などで複雑に分類されるわけですが、スイングトレードの補助ツールとしての利用に今は一番関心を持っています。バリバリの完全自動売買システムを開発している知人もいますけどね。そこまでいかなくても、シストレに関心を持っている人、最近多いなーと感じますが、みなさんはいかがでしょうか。

このブログでも、スイングトレードも含めた中長期投資用のシステムトレードについて、記事を書いていく予定です。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/197-d65e974b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。