スワップ派の合成ポジションとロング・ショートポジションについて

ここでは、スワップ派の合成ポジションとロング・ショートポジションについて に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/17(木) 13:41
豪ドルとNZドルまたは、ユーロとポンドとスイスフランなど、地域の近い通貨は連動性が強いといわれています。実際に、AUD/NZDや、EUR/GBP、EUR/CHFなどはレート変化が他のペアと比較しても低いです(といっても最近のポンド下落では、EUR/GBPもかなり動きましたが)。

このようにレートの連動性があり、つまり相関性の高い通貨ペアを利用して、さや取りができないかということは時々話題になります。

例えば、NZD/JPYとAUD/JPYとのロング・ショートポジションです。円に対してAUDが下がっても、NZDも下がるのであれば、AUDショート、NZDロングにすればトータルで為替変動の影響が少なくなります。この間スワップを得る(豪ドルは支払、NZドルは受取なので大きくはない)こともできます。あるいは、このレートの差が大きくなっていればそのさやを狙うということです。AUDとNZDの開きが大きければ、小さくなると見込んでそれぞれ反対のポジションをとるということです。

そしてこの話題にたいして、それなら最初からAUD/NZDのショート(あるいはロング)ポジションでいいのでは?という指摘が出てきます。長期保持のスワップ派なら、結論から言うとこれはほぼ正しいです。

ただし、FXでは最小の取引単位が1000とか10000なので資金量が多くないと、同じ状態を作るのは難しいのです。また、さやをとるという意味で二つのポジションをあえて別々にしておくのが有効な時もあり全く同じ意味をもつというわけではありません。

個人的には、さや取りは、なかなかうまくいくものではないと考えていますが、まず、AUD/JPYとNZD/JPYは、AUD/NZDの合成ポジションと同じなのか?まずはここをしっかりと確認しておきたいので、実際にシミュレーションを使ってみます。

今回は例として、EUR/GBPをピックアップします。
※本記事はEUR/GBPのショートポジションを推奨するものではありません(事例紹介、シミュレーション例です)

なお2007年1月1日を取引開始時とし、その時点で以下のレートとします。
GBP/JPY 234.5
EUR/JPY 157.87
EUR/GBP 0.6732
また、1000通貨単位で注文できるとします。

ケース1) GBP/JPYロングとEUR/JPYショート
 GBP/JPYを 10000GBP
 EUR/JPYを -15000EUR
のポジションを同時に建てます。このとき円換算では、
 10000GBP = 234.5万円
 -15000EUR = -236.8万円 (= -15000 * 157.87)
となり、2万円程度の違いはありますが円換算でほぼ同数量となるようなポジション比率です。

ケース2) EUR/GBPショート
 EUR/GBPを -15000EUR
のポジションを建てます。これはポンドに換算すると
15000EUR = 10098GBP (= 15000 * 0.6732)
となり、ケース1と近くなることがわかります。

さて、この損益の推移がどうなるかをエクセルシートで計算してみました。
※エクセルファイルはブログに添付できなかったので、ファイルを希望される方はメールください

結果としては、1)と2)のケースの差は、大きい時でも3000円くらいしかなりません。
ポジション量をぴったり合わせられないので誤差が生じるということです。

ユーロポンドの変化率


上の図は変化率をそれぞれ計算したものです。現在価値を1.0としたときの価値変化を示しています。赤線がケース1、青線がケース2となっています。ほとんど同じであることがわかりますね。

ためしにポジション数量を同じに合わせてみるとぴったり同じになります。
そのためには、
 GBP/JPYを10000GBPにするなら、EUR/JPYを-15000ではなく、-14854EURにします。
 そして、EUR/GBPも-14845EURとなります。
こうすれば、為替損益はぴったり同じです。
といっても、FXではこのような単位で注文ができないので、若干違いが出てくるということになります。
(為替レートのスプレッドや取引手数料、証拠金などでさらに違いはあります)

さて、それではひとつで合成できる通貨ペアがあるのに、ポジションをわざわざ二つに分解することに意味があるかどうかということです。これは分解した場合は、売買時期をずらすことができるという点でメリットがあるかもしれません。

単一ペアの場合は、ポジションを閉じればそれでおしまいですが、2つのばあいは、ポジションをとるときと閉じるときを必ずしも同じにする必要はないので、有利だと思った時に売買することができるというわけですね。

ポートフォリオに登録すれば、単一通貨との比較をシミュレーションできるFX分析ツール。今回のグラフもこのツールを使用しています。

関連した記事を前にも書いています。
スワップ派のFX通貨の組み合わせ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/182-07a7478e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。