荒れ相場は繰り返すか?円高、ドル安の先は?

ここでは、荒れ相場は繰り返すか?円高、ドル安の先は? に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/10(土) 01:08
スワップ派の皆さんお久しぶりです。

ちょっとだけ宣伝させてください。
はやぶさ流FXレポート&FX分析ツールの冊子版カラー印刷がトレーダーズショップで販売開始となりました。これまで冊子でほしいという方の声にお応えすべく印刷会社を探していました。カラー印刷でコストを抑えることができたのでフルカラー冊子版を限定50部でご紹介します。全国配送料無料です。

スワップ金利運用の極意レポート & FX分析ツール [冊子版]

サブプライムショックのあった8月からしばらく経ち、ここのところはドル安が目立っていました。ドル安のトレンドは何年も続いているのですが、特に欧州圏の通貨と比べて歴史的なドル安を更新し続けているので取り沙汰されるのでしょう。

そして今日は円高です。ポンド円などは5円くらい動いているので結構大きな動きがあったわけです。8月以降は、ドルを除いて、ほとんどの通貨に対して円安が続いていました。オセアニア通貨もかなり値を戻し、カナダドルの上昇も目立っていました。

今回の相場はまだ材料といえるものがないようですが、ひとつには、年末が近づくと為替相場が荒れやすくなるということがあるのではないかと思います。

ここ数年、2005年、2006年とも11月~12月にかけては大きく動いていたのを覚えてる方も多いのではないでしょうか。ちょっと振り返ってみようと、チャートを出してみました。

主要なところで、ドル円、ポンド円、ユーロドルです。
10月から12月末までを切り抜いたチャートです。

まずはドル円から。
ドル円年末チャート


2005年の12月上旬に円高が発生しドル円レートは大きく下落しました。
2006年はもう少し早く下げ始め、11月下旬に底になっています。

次にポンド円。
ポンド円年末チャート.png

2005年の12月はドル円と同じで、急激な円高によりポンド円は下落。
2006年は、ポンドは上昇しています。

そしてユーロドル。
eurusd_lmchart.png

2005年は、ドル円の反対チャートになりやすいのですが、ちょっと違います。
2006年は、ポンド円に似たような動きで、欧州圏が急に強くなりました。
この2年を見ても、それまで静かだった値動きが、大きく動いているのがわかると思います。

どの通貨ペアでも動きが激しくなっています。年末が近づくと為替相場は荒れやすいということが傾向としてあります。これはファンドなど大きな資金を動かしているところが決算などを控えていろいろなポジションを動かす関係だと思われます。

スワップ派としては、この荒れ相場に振り回されることなく、無理にレバレッジをあげることなく買い入れるタイミングを狙っていきたいものです。FXを始めて間もない人や、ポジションがない人でも参加する機会があるかもしれません。じっくり様子を見ていきたいですね。
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして さぼてんともうします。
いつもこのサイトを見て勉強しています。
それにしても今回の円高はすごいですね。この先い

つまで続くか分かりませんが‥私もポンド円の仕込

みどきだと思ってがんばっています。
ところではやぶささんはスワップ派としてポンド円

をどう見ていますか?
2007/11/12(月) 06:10 | URL | さぼてん #-[ 編集]
さぼてんさん

ポンドは金利が高くて魅力的ですがユーロとともに他の通貨に比べて上昇してきた傾向があるためこの先は下落リスクに注意が必要ではないかと考えています。


2007/11/17(土) 19:16 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:  編集・削除用
非公開: はやぶさだけにコメント表示を許可
※相互リンク依頼は専用フォームをご利用下さい
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/171-7ad69e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。