FXドル円は底を打ってレンジ相場へ。スワップ派は一安心。

ここでは、FXドル円は底を打ってレンジ相場へ。スワップ派は一安心。 に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/11(日) 23:41
先週の為替相場。ドル円は115円の底が簡単に割れないことを確認し、レンジの中程まで上昇していきました。

予想を超えて不利な方向へ相場が行くときは不安になりますよね。
今回ドル円相場で114円が見えたときはどうだったでしょうか。

いったいどこまで行ってしまうのだろうと。自分のポジションはどうなってしまうのか。含み損を笑えなくなるとき。FXってやっぱり怖いと。

でも、どこに大底があるのか、チャートと統計データで大まかなレンジ、ボックス圏を把握していれば、為替がどう動いてもこれを判断基準としてシナリオを作ることができます。

114円後半で跳ね返されて底堅いようだったら、~しよう。
114円を割れてしまったら、~しよう。あるいは、~しない。

大底やレンジが分かっているのと分かっていないのでは、精神的にも全く違います。同じFX相場を眺めていても気の持ち方が違います。
この精神的な負担というのは、ある意味大きなコストだと思います(これについてはまた別の機会に述べます)。

今回の荒れ相場、年に数回しかやってこない大きな津波だったわけですが、過去に津波が来たことを知っていること、過去に発生した津波の大きさがどれくらいか知っていることはとても大事です。備えあれば憂いなし。FXでは統計データが役立つことは間違いありません。

統計データは過去のデータなので、将来を予想することはできませんが少なくとも、過去のパターンを見抜いて今の相場に活用することはできると思います。FXで取引している人は、みんな過去のデータを見ています。チャートも全て過去のデータですからね。

私がスワップ派と一緒に開発したFX分析ツールは、90種類以上の通貨ペアについていろんな統計データを計算することができます。統計データは過去のある時点での結果だけを知っていてもあまり役に立ちません。統計データもじわじわと変化していくからです。

最新の為替レートを自動取得し、いつでも任意の通貨ペアのデータを把握するツール、当初は自分用に作っていましたが、より多くの人に使っていただくツールとして「FX分析ツール」を開発しました。「スワップ金利運用の極意」というレポートとセットで現在販売中です。人数限定価格となっていますのでお早めに。

ランキングで活躍中のFXスワップ派も、FX分析ツールを使用しています。
コメント
この記事へのコメント
相互リンク希望です。
http://www.motenanpa.com/
2007/03/20(火) 23:31 | URL | 33歳の中年親父 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:  編集・削除用
非公開: はやぶさだけにコメント表示を許可
※相互リンク依頼は専用フォームをご利用下さい
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hayabu3.blog27.fc2.com/tb.php/143-8c84b59b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今だけガオガオフェスティバルの全部を公開中よ。実践状況も詳しく乗せているわ。
2007/03/12(月) 18:36:10 | 勝姫様直伝のパチンコ攻略外伝

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。