FX特別レポート:相関係数を使った通貨の分散

ここでは、FX特別レポート:相関係数を使った通貨の分散 に関するFX記事を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/07(火) 23:13
スワップ派向けのブログ記事で好評だったものを特別レポートとしてまとめました。読んでみたい方は、下記フォームよりご登録下さい。
------------------------------
【為替証拠金取引でリスクをコントロールする方法①】
~相関係数を使った通貨の分散~

■目次
 通貨の値動きには性質がある
 通貨ペアの相関とは何か
 相関を使って何ができるのか
 相関係数と為替変動に対する効果
 どのようにして使い分ければよいか
 組み合わせの比率は?
 主な通貨の相関係数
 2つ以上の通貨を持つ場合の考え方
 相関係数はどこまで使えるのか?

■相関一覧表(1年、3年、6年)

■対象通貨
 USD:米ドル, CAD:カナダドル, AUD:豪ドル, NZD:NZドル
 GBP:ポンド, EUR:ユーロ, CHF:スイスフラン
 ZAR:アフリカランド, JPY:日本円
------------------------------
登録いただいた方には、特別レポートの無料進呈ほか特典を不定期に案内させていただきます。

メールアドレス:


↑入力フォームは、無料レポート配信スタンドを使用していません。意図しない他のメルマガ記事が届くようなことはありませんのでご安心ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。