ここでは、2009年09月に掲載されたFX関連情報を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/24(木) 14:25
FXブログの方、久しぶりの更新となります。
この間、WebSPAのスゴイヤツ列伝という企画にも紹介いただいたので、よかったらご覧ください。

9月に入ってからはメインでトレードをしている日経225の方でいろいろ忙しく為替の方はチャートを表示しているくらいでしたが、結構動きがありましたね。

さて今回はFX書籍の紹介です。

「トレーダーsarahが教えるFX 7つの成功★レッスン」
出版社:宝島社
価格:980円

著者は、sarah(サラ)さんです。
8月下旬、株投資で有名なJackさんのオフ会企画にお声掛けていただき、はじめてsarahさんにお会いしました。とても素敵な方でした。

相場にも人にもとても謙虚な方で、勉強熱心。その時は、書籍の話は知らなかったのですが、先日出版となったようです。シルバーウィークの休み中に読んでみたのですが、トレードで勝つために必要なことがとてもわかりやすく、しかもメンタル面や資金管理など、重要なポイントが網羅されている本でした。FXトレーダーを目指す初心者から中級者まで、おすすめです。

投資本では、女性の書いた本を読んだのはこれが初めてなのですが、所々視点の違いもあって、それがまた面白かったです。本書最後に紹介されている、投資関連の書籍リストは、参考になりますよ。

以下、amazonリンクです。
トレーダーsarahが教える FX 7つの成功☆レッスン

スポンサーサイト
2009/09/08(火) 21:03
クリック証券がイメージキャラクターにお笑いの松本人志氏(まっちゃん)を
起用したとのこと。それだけならふーんという感じなのですが
最近かつらをかぶった、まっちゃんの映像をよく見かけます。
映画「しんぼる」のプロモーションもあってのことなのでしょう。

今回クリック証券は、映画「しんぼる」とのタイアップCMということです。
8月下旬よりオンエアされているのを見てびっくりした人も多いのではないでしょうか。

まっちゃん監督映画では前作「大日本人」、正直読解不能な世界観に圧倒された
というか突き放された感があるのですが、映画「しんぼる」は、どうなのか。
これまた覗いてみたい一作ですね。

さて、タイアップCMで気合の入ったクリック証券が新たにスタートする
サービスがこれです。


●スプレッド固定化 【ドル円スプレッド0.8銭など】
クリック証券は、現行のスプレッド値を下記のように固定化する(9月5日メンテ以降)。

米ドル/円 0.8
ユーロ/円 1.4
ポンド/円 2.4
豪ドル/円 2.0
NZドル/円 2.4
カナダドル/円 3.0
スイスフラン/円 3.0
南アフリカランド/円 4.0
ユーロ/米ドル 1.6
ポンド/米ドル 3.0
豪ドル/米ドル 3.0
米ドル/スイスフラン 3.0
ユーロ/スイスフラン 4.0
ポンド/スイスフラン 4.0

人気の高いドル円、クロス円のスプレッドが小さいことが特徴。
バトル激しいFX業界、スプレッド競争はまだまだ続くのか。

このほかにも、クリック証券の特徴をいくつか紹介する。

●トレーディングツール 【はっちゅうくんFX】
操作性重視のFXトレードツール「はっちゅうくんFX」は、
ビギナーからヘビーユーザーまで満足できるツール。

新規建て時はストップロス注文はpips値で指定することができて便利。
建て玉への注文なども簡単な操作で実行可能。
相場の変化に素早く対応。

リアルタイムレートには、全通貨でTickのミニチャートも表示されるため
一覧性が高い。トレーディングツールのレスポンスは特に短期売買では重要となる。


●携帯アプリ 【モバトレ君】
携帯でもPCに匹敵する機能充実のアプリ「モバトレ君」を提供。

・待ち受け画面にリアルレート・FXNユースを表示可能
・チャートは1分足~日足まで表示
・ティックチャートは60本まで確認

携帯アプリの進化には目を見張るものがある。取引は携帯だけという人も
いるのだろう。そうでなくても、ポジションの変化やチャートを携帯アプリで
しっかりチェックできるのはできるのはありがたい(docomo, au, softbank対応)。

スプレッド固定、PC・モバイルとも操作性の高いトレーディングツールを
提供するクリック証券のFXサービスはこちら。

クリック証券
2009/09/03(木) 10:36
FXを始めたという知人から連絡がありました。
ドル円やユーロ円のロングをしているとのことで、含み損があるということです。

ここ数カ月のレンジ相場なので、下がってきたところを買いたくなる気持ちはわかります。
今年春先からのトレンドに従うなら、押し目ですから。

ただし、節目を割ってしまったのに損切りできなかったという場合は、対処が難しくなります。
本来、損切りはエントリー前に決まっているはずなのですが、それをやらなかった場合
想定外の損失のために、ますます損切りができなくなります。
次のポイントでは覚悟を決めて、損切りの注文をきちんと入れるしかありません。

現在、いろんな通貨ペアや株価指数が、ここ数カ月の安値に迫っており
テクニカル的にはここを割れると、下に走りそうな重要なラインにきています。

ドル円の91.70-80円や、ユーロ円の131.15や豪ドル円の76.45円など
株価指数では、日経の10180、NYダウの9200など。

ただ昨年みたいに暴落するかというとあれはさすがになさそうですが。
今年3月からクロス円や株の買いが積みあがっているとしても
昨年と今年では規模が違うはずです。何より警戒している人もまだ多いので。

反発するシナリオがメインだと思われますが、
個人の円売りが増えてきているので、それを狙っているなんて噂もありますから
要注意ですね。どっちに動いてもしっかり対処していきましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。