ここでは、2009年07月に掲載されたFX関連情報を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/31(金) 14:30
為替のほうは相変わらずの動きが続いていますが、
最近非常に値動きが分かりやすくなっている市場があります。

それは、日経平均株価などの株価指数です。
トレンドが分かりやすい時に、乗っていくのは儲けのコツの一つといえます。
株が分かりやすい時には、株価指数の売買も面白いです。

為替とどう関係あるのか? 関係は大ありです。
今は株価の動きに為替が引っ張られていることが多いのです。

チャートを見てみましょう。日経先物(≒日経平均株価)の週足チャートです。

日経225先物週足2009年7月

そしてこちらが日足チャート。

日経225先物日足2009年7月

リーマンショックから始まった暴落は、3月で底打ち。
6月~7月上旬にはいったん調整が入りましたが、現在も上昇中。
本日は日経平均が年初来高値を更新し、昨年10月上旬の水準まで戻しています。

7月中旬からの上昇は目を見張るものがあります。
日経平均1時間足(60分)チャートです。

日経225先物時間足2009年7月

どうですか、この上昇のチャートは・・・・ほとんど一直線です。

実は、日経平均に限った事ではありません。
NYダウ、ナスダックなど米国の株価指数はもちろん、
欧州やアジアの国々でも同様のことがおきています。

注目すべきは中国やインドなど新興国の株価指数は、
一足先にリーマンショック前の水準まで戻している
ことです。

つまり株価指数は、景況感の良し悪しにかかわらず
世界のどの国でも3月中旬から上昇を続けています。

景気が良くなったことを示すのかというと、そうではないでしょう。

●なぜ株価が上昇しているのか?
ファンダメンタルズが示すものは、GDPのようなマクロなものから
企業業績のようなミクロなものまで、相変わらずの厳しい状況です。

しかし株価は、勢いよく上がり続けています。
そして株を買わなきゃ!と思う人が増えるような状況に向かいつつあります。
この背景にあるのは、通貨の過剰流動性だと言われています。

実体を伴わずに株価だけが上昇している状況は「バブル」ですね。
期間は長くありませんが、現在も明らかに株バブルが進行しているといえそうです。
過去と比べたら、まだまだプチバブルという規模。

悪い悪いと指摘され続けて1年以上経つ世界経済。
株価暴落や円高などの警戒感は、依然として根強いです。
しかし、相場参加者が警戒していると、案外暴落は起こらないものです。
起こっても調整程度、暴落までには至りません。
こんな急速に上昇すると予想していた人は、むしろ少数派でしょう。

●今後はどうなる? 為替は?
さて、ここからが問題です。

この上昇トレンドが続いてプチバブルがミニバブルになるのか。

それともここらが限界で、天井をつけたあとは例年どおり
る夏~秋の暴落相場がやって来るのか。

あるいは、方向感なくレンジで動くのか。

どのシナリオもあり得ますし、予想しても仕方ないと思います。
利益につなげるためには、相場の動きをしっかりと見て、その動きについていき
予測が外れたら、損切りで対処する。

暴落するはずだとか、上がるはずだという思い込みがあると
勝ちにくくなってしまう相場です。

「株バブルなんてイマイチ非現実的だけど、そんなシナリオもあるかもね」
というくらいで構えておくのもよいと思います。

再度の株価暴落がくるなら、はっきりとした動きで誰が見てもわかるような相場になります。
それならそれで、日経先物を売るなどの対処で十分利益を狙えます。

レンジ内で、上下を繰り返すかもしれません。

いずれにしても、値動きがわかりやすく、トレンドが見えやすい時だけ参戦する
というスタンスでいればよさそうです。

これに連動するように、商品市場の価格や、資源国通貨の為替が
動いていることはよく知られていることでしょう。

為替のほうは、株価指数トレンドしやすい通貨として、
「ユーロ円」、「豪ドル円」などのクロス円の動きにも要注目です。

株価指数が上がっていけば、これらの通貨も上昇しやすく、
下がるなら下落しやすいという傾向があります。

主要な株価指数の動きもよくみていれば色々な発見があります。
是非チェックしてみてください。

●書籍販売のお知らせ
著書が発売されました!
FXよりもシンプルでわかりやすい「日経225ミニ」の魅力を伝えながら、
勝つために必要な基礎知識、チャート分析の方法について書いています。

はじめての人の日経225ミニ 基礎知識&儲けのルール


○日経225取引オススメ業者
株式市場のバブルでも暴落でも利益を得る準備をしておきましょう。
日経225の口座開設は欠かせません!

トレイダーズ証券は、今なら片道分の手数料が0円キャンペーン実施中。


 

スポンサーサイト
2009/07/14(火) 01:05
先週は大きな動きがありました。
SNSの日記には書いていたのですが、ユーロ円サポート割れの瞬間。

d_img_d9926_n3_1246880519.png

d_img_d9926_n2_1246880519.png

この後は、トレンド転換後にはっきり下落です。為替は円高。これまで上昇していた通貨の下落。
豪ドルやランドが目立っていますが、欧州通貨のユーロやポンド。
数カ月に一回は大きいのが来るもののですが、夏相場第一弾という感じです。
株価指数も大きく下げてきました。

ユーロ円は、ここにきてもテクニカルがばっちり機能してまして私の周りでも
この波に乗れたという人が多いです。皆さんこれに備えていたからこそですね。
こういうテクニカルポイントを知っているかどうかはとても大事なことだと思います。

目先の動きに左右されたくないという人でも、じっくり見ておいたほうがよさそうなポイントです。
損失についてのリスク管理をしっかりとやれば、買いでも売りでも方針次第ですが
FXで売りをやらない人もまだ多いようです。いまの相場のような上下の動きが
はっきりあるときは、売りでも買いでも相場の動きに沿って仕掛けた方が有利です。

今の相場はどっちに向かっているのか? 上のトレンド一覧なども参考にしていただければと思います。
2009/07/06(月) 16:29
久しぶりです。7月下旬頃、私、空隼人の著書が出版される予定です。

ここのところ、その原稿の修正作業等をやっていましたが、昨日すべての作業が完了しました。
今回は、はじめての単独出版ということで、慣れない作業に色々と苦労しましたが
これから投資をやってみようという人に何らか役に立つものを目指して書いています。

このブログでも時々触れていたCFDにも関連します、今回は日経225ミニの本です。
私がCFDを始めるきっかけになったのも、その前の日経225先物・ミニとの出会いでした。

為替と株価指数は違いますが、トータルみれば為替の動きもまた違ったとらえ方ができて
非常に役に立ちますし、面白いです。発売日等決まればまた案内させていただきます。

トレードの方は、時々入っていましたが特に書き加えるほどの変化がないなというところでした。
ここ2週間ほどは為替も株も、レンジでの上下、日足で見るともみ合いのような感じになっています。
短期的には下落基調にも見えますが、今年3月ごろからの上昇トレンドはまだ否定されたわけではなく微妙な位置を保っているといえそうです。

この7月以降の夏相場で方向がはっきり見えてくるかもしれませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。