ここでは、2008年01月に掲載されたFX関連情報を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/27(日) 17:59
お知らせです。
1月末に発売されるビッグ・トゥモッロウ別冊にFXの特集があり、掲載していただくことになりました。内容は、FXの通貨分散、相関関係、時間分散に軽く触れるという感じです。取材自体は昨年の春頃のお話で、今回はこれを再構成したものです。

本当はポートフォリオの話をしたいのですけど、これは書籍版でもカットされてしまった内容でやはり一般的にはちょっと難しいのかもしれません。

ただし、ポートフォリオ理論なしには通貨の分散を説明しきれないので、今後はこちらについても自作のレポートを作っていこうと考えています。

また、FX分析ツールもよりポートフォリオに特化した内容の別バージョンの開発を現在進めています。春頃にはご案内できると思いますので、ご興味のある方は楽しみにしていてください。

さてFX相場の方、ブログには長らく書き込みをしていませんでしたけどちょこちょこと話をさせていただいたところをこちらにも書かせていただきます。
私が現在思っていることは、円高なので買いのチャンスでもあるということ、これまでと通貨の動きのパターンが違う(欧州通貨とオセアニア通貨の動き、カナダドルの動きなど)のでもう少し様子を見てから仕掛けていきたいということです。

去年の8月、11月、そして年末から現在に至るまでと3回目くらいの目立った円高局面があったわけですが、特に去年8月の時と今回は円高といってもいろいろな通貨の動きをみていくとかなり違ったものになっています。トレンドの変化もありますし、同じパターンではないのですね。逆に、株との連動性など共通していることもあります。

これらのことを今まとめていますので、記事の方で少しずつ紹介していけたらと思います。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。