ここでは、2007年07月に掲載されたFX関連情報を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/30(月) 21:44
先週の為替相場で久しぶりに急激な円高局面がありました。
規模としては中程度だと思います。急激な円高が発生したことで記憶に新しいのは、このあたりでしょうか。

・2005年の12月
・2006年の4月、11月
・2007年の2月末
(ドル円の場合)

それぞれいろんな理由がありますが、急激に円高が発生しています。
今回の円高も数週間前からそれを示唆するような動きもありました。FX関係のサイトやブログ、SNS等を見て回りましたが、「円高注意」という見方が結構多かったです。

円高が一気に進む局面は、年に数回あります。このことはスワップ派としては常に意識しておく必要があります。年に数回しかないので忘れがちですがとても大事なことです。

スワップ派がポジションを増やすのはこのような時に少しずつじっくりとです。ただし、すでに無理目のレバレッジで運用している場合はやめたほうがいいでしょうね。逆に言うとこういう時に備えて、ポジションを計画できるのが理想的です。

もう一つ言えるのは、円がらみの通貨ペアだけだと、このような場面に弱いです。評価益が一気に縮小します。場合によってはマイナスということもあるでしょう。

これに備えて、ドル/スイスやポンド/スイスのようなペアを持っていれば、円がらみの通貨だけを持っているのに比べると、影響を受けにくくなります。相関性がまさに出ているわけです。
円もスイスも金利差狙いのキャリートレードで使われる通貨なので、買い戻される時は急な場合が多いです。つまり、急激な円高になれば、スイス高にもなりやすいわけですね。

それでも円だけの通貨ペアよりはまだ影響は少ないです。
実はスイスフラン以外にも、低金利通貨で売り通貨として使えるものもいくつかあります。ただしマイナー通貨なので取り扱っている業者が少ないことが難点です。

はやぶさブログ応援ありがとうございます。FXブログランキングで順位維持しています。
スポンサーサイト
2007/07/30(月) 00:48
最近私が口座開設をしたのがHirose-FX2です。知る人ぞ知るヒロセ通商のFX商品のひとつですが、スワップ派にも自信を持っておすすめできる口座です。

注目すべき点をまとめてみました。

・通貨ペア数32種類
 最近話題の高金利ペアTRY/JPY(トルコリラ円)を扱っています。
 またMXN/JPY(メキシコペソ円)などのマイナー通貨もあります。

・証拠金一律5,000円
 証拠金がすべて一律でしかも5,000円。このメリットがわかりますか?
 通常は、証拠金は取引通貨のパーセンテージで決まります。
 証拠金率2%とか3%とかですね。
 それが一律ということは、単価の高い通貨ペアを取引する場合に
 差が出てきます。
 
 たとえば、ドル円とポンド円で比較します。
 それぞれのレートを仮に、120円、 240円とします。
 このとき証拠金率が2%なら、10000通貨取引するのに必要な証拠金は、
 
 ・ドル円 :120 x 10000 x 2% = 24,000円
 ・ポンド円:240 x 10000 x 2% = 48,000円

 となります。証拠金もポンド円は2倍必要ですね。
 つまり、ポンド円1枚とドル円2枚が同じくらいなのです。
 しかし、これが一律5,000円ということは、ポンド円とドル円が
 まったく同じ証拠金で1枚取引できるのです。
 必要証拠金あたりのスワップ金利でみると、ポンド円は通常の2倍に
 なるので明らかに有利です。しかも5,000円です。
 ただし変動幅も大きくなるのでレバレッジには注意しましょう。
 
・システムが使いやすい
 いくら条件が良くてもシステムが使いにくいと使う気がしませんが
 Hirose-FXは取引システムも良いです。
 また、利用者とのコミュニケーションツールとしてヒロセ通商の
 サイトに掲示板があり、利用者との積極的なやりとりをし
 システムの改善にフィードバックしていることから
 顧客重視の姿勢がうかがえます。
 http://www.hirose-fx.co.jp/cgi-bin/wforum/wforum.cgi
 
・両建時の証拠金が無料
 両建てをした時に証拠金が無料になるシステムを採用しているFX業者は
 数えるほどしかありません。為替相場が思わぬ場面になったときに
 ありがたみを実感するでしょう。
 
・スワップ金利の有利さ
 スワップ派としては無視できないスワップ金利。
 Hirose-FXシリーズの中でもHirose-FX2はスワップ金利が高めに設定されています。
 また、未決済ポジションのスワップ金利は含み益扱いです。
 つまりスワップ金利での新規ポジション可能。複利で運用できます。
 もちろん出金も可能。含み益扱いなのでスワップ金利に税金がかかるのは
 ポジション決済時です。こんな有利なシステムはHirose-FX2ならでは。

・信託保全による顧客資産の分別管理
 ヒロセ通商も8月1日から信託保全を開始しました。Hirose-FX2もその対象です。
 信託先は新銀行東京です。
 業者が破綻した場合でも新銀行東京に信託された顧客資産は保全されます。


・少額からでも始められる1000通貨単位取引
 もうひとつ勧めしたいのはHirose-FX2ミニです。
 こちらは、Hirose-FX2 の1/10単位で取引できる口座です。
 つまり1000通貨単位から売買できます。
 少額からでもFXのスワップ用口座を作りたい人には最適です。
 最近は1000通貨単位の業者もありますがペア数が少なくて
 複数通貨への分散がやりにくかったり、手数料が高めだったりします。
 Hirose-FX2ミニなら1000通貨単位で、手数料も安く、通貨ペア数も32種類。
 死角なしです。これだけ条件がそろっている口座はまずありません。

↓Hirose-FX2もHiroseFX2ミニも同じところから口座開設できます。
Hirose-FX2
2007/07/18(水) 22:01
FXでの資産運用もある面では海外への投資といえます。
海外投資と一口にいってもいろんなものがあります。不動産、株、ファンド等々。FXよりはこちらの方が一般的かもしれませんね。

海外の不動産は私も少々かじっていますが、海外の株やファンドととなるとあまり経験がありません。そういう方も多いと思います。

私が最近強く興味をもっているのは、中東やアフリカなどの新興国の株式市場です。アジア、香港、マカオもいいのですが、これから中東やアフリカも成長が楽しみな地域です。

といっても、どうやって海外の株を買うのか。それもよく知らない地域の。英語も苦手だし、口座の開設すらままならないのでは・・と思う方が大半だと思います。

しかし中にはとんでもなく行動力のある方もいらっしゃいます。これら新興国の証券会社にいち早く日本人の個人投資家として口座を開設し、取引を開始してしまう。

そして、そのノウハウを投資マニュアルとして書籍化するということをいくつもやってきている方がいます。

石田kz(カズ)さんです。

書籍、セミナー、雑誌取材と忙しく、その中でもいろんな国に行って投資家としての視点から現地のレポートをされています。

実は、サイトや書籍は以前から知っていたのですが最近個人的に知り合いになる機会がありまして、お会いして話をさせていただきました。
まさに冒険投資家。

なぜいま中東なのか、そしてドバイ株。次はアフリカ。現地にいって調査してきた情報と海外の人脈、先を見る視点からの話はとても説得力があり、面白く勉強になることばかりです。

実際に私もドバイ株をやってみようと思うようになりました(笑)。同じように影響を受けて、海外投資に目覚めた人も多いらしいです。
その凄さはとても書ききれませんが、このサイトを見ていただければわかるのではないでしょうか。

石田kzさんのサイト。
香港資産運用奮闘記

最近では、海外投資専門のSNSを立ち上げられました。
World Investors

海外投資と聞いて何か感じる方は、是非ご覧ください。書籍はお勧めです。セミナーもよく開催されているようですので要チェックです。

2007/07/12(木) 12:49
先日の為替相場は怒涛の円高!ってほどではありませんが割と動きましたね。
少し前の調整にしても、何か感じるものがあります。

今年に入ってからドル円が大きく動いたのは上海ショックでしたが
今回のはそれに続く変動でした。いまのところ少し戻しているようですが
121円割れが見えてくるようだと警戒が必要です。

さて、スワップ派向けの入門セミナーのお知らせです。
7月22日(日)に、私はやぶさと、おなじくスワップ派のケロさんとの2名で、FXのセミナーをすることになりました!FXで長期投資を目指していきたい人、スワップ派の運用手法をこれから学びたい人向けの内容となっています。

前半は、私のパートで、スワップ投資とは?から始まって、通貨の特徴、相関、買い時の見極めなどをお話します。
後半は、ケロさんが、ポートフォリオ理論、リスク評価方法、マイナー通貨についてお話しされます。

私の話は、これまで書いてきた記事、レポート等でご存知の方も多いと思います。はやぶさ流レポートを購読いただいている方には、なじみのある内容となっていますがこれからスワップ投資の勉強を始めるという方には、参考になるかもしれません。

また、ケロさんの得意分野であるマイナー通貨を組み合わせたポートフォリオ理論は多くのスワップ派にとって関心のあるところではないでしょうか。マイナー通貨はプロでもほとんど取引をしませんし、個人投資家ならではの投資対象だと思います。

なかなか情報が取れないマイナー通貨ですが、ケロさんがこれまで調査されたことについてお話しされます。トルコリラ、ランド、東欧通貨・・・これほどまとまった形で知る機会はなかなかありません。私自身も、セミナーの打ち合わせの際に大変勉強になりました。

2人とも会場でのセミナー形式は初めての試みなので、小さな会場で開催します。
すでに席は半数以上埋まっているそうです。ご興味のある方は、下記からお申込みください。

はやぶさ流・大道式FXスワップ投資法セミナー

↑「毎日が給料日」というのは主催者側がつけたタイトルなので、ここは差し引いてお考え下さい^^;

なお今回のセミナー参加者の特典として、現在販売中の「スワップ金利運用の極意レポート&FX分析ツール」を驚きの価格でご提供します。会場に来られた方への特典とさせていただきます。
当日会場でお会いできる方、楽しみにしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。