ここでは、2007年05月に掲載されたFX関連情報を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/30(水) 10:47
FXで小額から増やしていくならスイングトレードも必要になってきます。スワップ派はレバレッジを低く抑えるため、複数通貨、複数ポジションをとるためにはある程度資金が必要なのですね。

私が思うにスイングトレードは、理論よりもある意味でセンスが必要です。このセンスのあるトレーダーを紹介します。

5万円からスタートして短期売買もしながら200万円まで増やしたサラリーマントレーダーtakaさん。

takaさんは、短期売買(スイング含む)口座とスワップ用口座をうまくつかいわけていらっしゃいます。過去の特集記事でその投資術を披露。メルマガも最近スタートしたそうですから、その手法を学ぶためぜひ登録することをお勧めします。

takaさんのブログ「5万円から始めたFXのゆくえ」

スイングとスワップを使いこなすtakaさん推奨のFX業者はやはりFX Online Japan でした。

ランキング10位は何としても死守!→ランキング
スポンサーサイト
2007/05/21(月) 23:29
FXで通貨ペアの強弱はチャートなどを見ればわかりますが、通貨単独でどれほど強くなったか、弱くなったかを知りたくなったことはありませんか?

たとえば、ここ一年間でドルは他の通貨(ユーロ、円、カナダ、オセアニア)と比べてどれだけ強いのか、弱いのか。あるいは、円はどれだけ弱いのか。

これをひと目でわかるように為替通貨別の相対指標を作ってみました。
FXでのいわゆる勝ち組・負け組の通貨がひと目でわかるようなものです。

今回は2006年5月から2007年5月までの一年間の為替通貨相対指標です。

主要為替通貨相対指標


グラフは2006年5月下旬の時点を基準として、それぞれの通貨が他の通貨に比べてどれだけ騰落したかの割合を示しています。

為替の勝ち組通貨は、オセアニア通貨のNZドル(NZD)と豪ドル(AUD)です。
ユーロ(EUR)とポンド(GBP)はまずまず。
スイス(CHF)、カナダ(CAD)、米ドル(USD)はあまり変わらずといったところです。
FXで最弱の負け組通貨は、円(JPY)です。

あくまでも一年前の時点を基準にしていますので期間を変えると結果も変わりますが、それでも日本円がひとり負けの傾向はあまり変化がないんです。米ドルも決して強いとはいえないですね。

去年のこの時期、NZDは大きく落ち込んでいました。そのため相対的には一番の上昇を見せています。そしてJPYはというと、円高一色でした。つまり為替レートとしてNZD/JPYはとても安値圏だったわけです。

この時期にNZD/JPYの買いポジションを仕込めた人はどの通貨ペアよりも含み益が多く発生しているはずです。

FXのスワップ派でもトレード派でも、このような相対指標は何らか参考になるのではないでしょうか。通貨単独での強弱がわかることがポイントです。

次回は、期間を変えて考察してみる予定です。ランキングで応援お願いします!
2007/05/13(日) 14:54
最近注目している通貨ペアがあります。FXスワップ派からも質問を受けました。それは、カナダドルの動向。特にペアで言うとドル/カナダドル(USD/CAD)です。

カナダは資源国ということで、中長期的には原油価格と相関が強いといわれています。原油価格が高くなってきていることもありカナダはずっと対米ドルで強くなっています。

カナダドルはままだまだ強くなるのでしょうか?

今回は、米ドル/カナダドルの20年間チャートを見てみます。




このチャートは、すごく大きなレンジになっているのがわかります。今は大底か、見方によっては大底を抜けたところです。ファンダメンタル的にカナダドル(CAD)が売られる要因はいまのところないようで、対米ドルではしばらくは堅調が続きそうです。つまり中長期ではカナダドルがまだ強くなり、USD/CADの為替レートが下がる可能性はあります。

USD/CADという通貨ペアは他の通貨ペアと相関性が低く、保持しているとリスク分散の効果がありますが、スワップがそれほど高くないためとりわけ有利ではありません。またリスク対リターンの効率は、メジャー通貨の中では下位の方になります。

個人的には、この通貨ペアはスワップ用に長期保持するよりもスイングトレード向きだと思います。このままカナダドル(CAD)が強くなるにしてもそうでないにしても、米ドル(USD)がまた強くなる時ことを想定し、逆張りでロングポジションを狙ってみたいところです。

実は、半年以上前のドル/カナダ(USD/CAD)の指値注文が先日通っていたことに気がついたのでこの記事を書きました。もちろん指値の存在は忘れていたのですが・・。

原油価格の長期ヒストリカルデータが取得できるサイトを探しています(有料版はあるようなのですが)。手に入ったら、相関係数をいろいろな期間で算出し、カナダドルと原油価格の相関性を検証してみる予定です。

FXスワップ派もスイングトレードはしてみたいものですね。
スイングトレードならFXOnlineで。

ランキングでの応援、よろしくお願いします!
2007/05/05(土) 23:29
FX初心者には、トレード、スワップ両方を狙えるFX Online Japan の口座をおすすめしています。

FXはトレード、スワップどちらも狙えますが、最初からスワップだけを狙いに行く純スワップ派は実は少数なのかもしれません。

FXをはじめたばかりの人は、ポジションに評価益が出ているときは利益を確定したくなるのではないでしょうか。あるポジションをたてたときにそれが最初から差益狙いとかスワップ狙いと決めずにまずはポジションメイクしてみるという方法もあります。

FXオンラインは、FX関連のツールが充実しています。自分のポジションがチャートに反映されるシステムは逸品ですが、このほかにもFXOnlineの専用アプリとして「ウィジェット」というツールがあります。

これはYahooツールバーにお気に入りの通貨ペアがリアルタイムに表示されるというもの。今回は、このウィジェットのデスクトップ版がだれでもダウンロードできるようになりました。是非お試しください。

FX Online Japan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。