ここでは、2007年01月に掲載されたFX関連情報を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/25(木) 12:00
とても反響があった記事「米ドル/香港ドル(USD/HKD)を高レバレッジで運用するスワップ金利獲得の方法」の続きです。

この手法は、米ドルの金利が高いうちは通用するでしょう。これはしばらく続くと思います。仮に利下げになったとしてもすぐにはスワップ金利がゼロやマイナスになることはないので、様子を見ながら運用していけばいいと思います。

今回は、香港ドルの今後の動向について考えてみました。気になるのは香港ドルがいつまで米ドルとペッグ制を続けるのか、ということです。いまの水準でのペッグがどこまで続くか。もしこれまでのレートを割って香港ドル高になると、高レバレッジの運用は破綻してしまいます。

これを知るため取材もかねて現地香港に行ってきました。
香港の証券会社の人や、現地在住の人からいろいろ話を聞いてきました。
またマカオにも行きました。これはFXとは直接関係なくて不動産投資の視察です。
いまマカオはものすごく投資が熱いです。建設ラッシュでラスベガス級のカジノ街がもうすぐオープンしようとしています。コンドミニアムも売り出した瞬間に売れてしまうという活況ぶり。私自身もFXだけでなく不動産投資にも目を向けるようになってきたので。これはまた別の機会に報告します。

マカオ通貨にもちょっとだけ触れておきます。マカオは香港と高速フェリーで1時間ちょっとの場所にあります。もとはポルトガル領で、現在は中国の特別行政地区です。
マカオの通貨は、パタカといいます。1香港ドル=1.0326パタカでほぼ固定。香港ドルが米ドルとペッグしているためマカオのパタカも米ドルと連動します。

USD/HKDは7.80と狭いレンジの中でも最近は高値の方に張り付いていますが、現地の人にはほとんど気にしていないようです。それよりも人民元との関係の方が重要であるとのこと。

これまで人民元(中国元)は、香港ドルよりもやや弱い通貨でした。しかし今年に入ってから、人民元と香港ドルの通貨価値が逆転しました。為替レートではここ10年ほど、100香港ドル=106人民元で固定されてきたのが、現在では100香港ドル=99人民元(1月5日)となっています。

これは中国や香港現地の人にとってものすごいインパクトがあったようです。「広東・珠江デルタ地域の商店では、以前は歓迎していた香港ドルによる支払いを拒否する店がでてきた。」(1月8日付中国新聞社)とありますし、香港の隣にある中国の深センでは「タクシーの運転手が香港ドル受け取りを拒否」などの情報もあります。それくらい人民元高の影響が出てきているということです。

人民元は米ドルとの固定相場制でしたが、いまは通貨バスケット制として複数通貨との関係から為替レートが管理されるようになっています。このまま人民元が強くなってくると、米ドルにペッグされている香港ドルは相対的にますます弱くなります。香港金融当局は、ペッグ継続の姿勢を示しているようです。

しかし実際にはレートを人民元にあわせに行く可能性もあります。もし人民元にあわせるなら、USD/HKDはこれまでの底を割って下落することになります。USD/HKDの大量買い持ちは注意が必要ですね。こうした情報はウオッチしておきましょう。

人民元の動向には目を離せません。FXではまだマイナー通貨の人民元。FXで人民元(中国元)を扱っている会社はあまり多くありません。

人民元の為替レートや、情報取得におすすめ→ ひまわり証券のマージンFX

実際に、人民元を取引することもできます。実際に通貨を取引することですごく情報に敏感になります。香港ドルを取引している人は、人民元の情報収集もしっかりやっておいたほうがいいでしょう。

ランキングサイトでもしっかりチェック
スポンサーサイト
2007/01/23(火) 22:59
FXのスワップ派でも、システムトレードはあります。
以前、このブログでもドルコスト平均法のような積み立て方式で定期的にポジションを建てていく方法をいくつか紹介しました。

アフリカランド円の記事がそうです。これも一種のシステムトレーディングです。しかし、もっと単純な方法ですごい運用成績を上げておられる方と最近知り合いになりました。外国為替証拠金取引が流行るずっと前の、豪ドル円が60円台のときの買いポジションがあるという強者です。

それだけではなく、ドルスイスなどのレンジをうまく利用してスワップ+スイングで長期的に利益を得ている方です。

mixiの方でも、やりとりさせていただきシンプルなトレードルールに触れることができました。以下、coolieさんからいただいたメッセージです。

-----------------------------
単純売買のポイントは、二つだけです。
(1)戻ってくるレートの見極め(戻ってこないと困る)
(2)資金量に応じた売買枚数と売買幅(途中で資金不足になっては困る)

特に(1)ですね。月足を見て買うなら安値圏、売るなら高値圏のものを選ぶ、ってただそれだけですが。
-----------------------------

つまり、為替は必ず大きなレンジで動きいつか戻ってくるということを前提に、売り買いの場所を決めるんですね。レバレッジも高くないのがポイントです。

そして「想定しない為替レートの動きがあると損失が雪だるま式に膨らむので、それだけは注意」ということです。こちらのサイトでそのシンプルなルールと、運用成績をご覧下さい。

外国為替の単純売買

為替証拠金取引はいろんなトレード方法があり奥が深いですね。

ところで、米ドル/香港ドルの高レバレッジ高スワップの記事がとても評判が良かったため、香港ドルについて調べることにしました。
先週、香港に行って雰囲気も感じ取ってきましたのでまたレポートします。

スワップ派の応援をランキングにてお願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。