ここでは、2006年04月に掲載されたFX関連情報を掲載しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/04/28(金) 22:46
ドル円は、4月最終週で今年1月の底値水準まで来ています。
長い目で見るとスワップ派にとってドル円の113~114円台は買いだと思います。
ただし100円程度まで下がっても十分に耐えられるようにしたいので、私はこれ以上のドル円ロングのポジションを増やしません。

ドル円の戦略はどう立てる?他のトレーダーはランキングサイトから確認しています。

ドルスイスも下げが激しいです。1.25CHFを割り込み一時1.24CHF台となりました。ただし、過去10年間での底値は1.14CHF台です。ドル円に比べるとまだ底値に近いところにあるといえるでしょう。こちらもがっちりホールドです。

ユーロドルのチャートを日足で見ていますか?見事な上昇波動を描いていますね。ここからのさらなる上昇にはもう少し時間がかかるとしてもまだ上を狙っていきそうな感じです。

ユーロ、ポンド、スイスなどの欧州通貨については、BLOGランキングでも話題に。

今週は相場が大きく動いていますが、逆相関のあるポジションを持っているためトータル損益ではさほど影響を受けていません。相関を使いこなせばGW中の荒れ相場でも安心していられます。

スワップ派向けレポートでは通貨の相関についてハヤブサが徹底的に調査しました。多くの方が関心を寄せている初回の特別レポート4月30日までの登録者限定配布。もちろん無料。あと2日。締め切りました。

ブログ村のランキング順位も上がってきました。

アクセス数が10万を超えました!訪問に感謝
スポンサーサイト
2006/04/23(日) 22:13
4月3週目は最後にドル円、欧州クロス円が大きく下落しました。

ドル円はレンジ相場の底値付近のため買いやすくなっています。そろそろ買いたいところですが、レンジの底である115円半ばトライも視野に入ってきたので、下げの勢いがまだ続くのかを見てから仕掛けたいところです。

他のトレーダーたちの戦略はブログランキングから確認します。

ユーロドルの動きにも注目です。3月からは2週間周期の波動を描きながら徐々に上昇してきています。今週前半にいったん下げるとしてもまだ上昇の余地はありそうです。

ユーロドルの話題は、BLOGランキングでも最近増えてきました。

スワップ派向けレポートの登録者が順調に増えています!多くの方が関心を寄せている初回の特別レポート4月30日までに登録した方への限定配布です。まだ登録されていない方はお見逃しなく。

ブログ村のランキング順位が上がってきました。

もうすぐ当ブログへのアクセス数が10万に達します!これまで訪問して下さった皆様に感謝です。
2006/04/21(金) 00:15
先日ユーロが急落するかもしれないと書いたのですが、本当にその通りになりびっくりしています。あくまでも現時点の話ですが・・・。

先々週の動きとよく似ていますね。NY時間になったとたんにドル高ユーロ安(スイスフラン、ポンドも急落です)がはっきりしてきました。

とくにポンドの下げが目立っていました。そこであまりやらないのですが、ポンド円のショートも仕掛けました。加えて近頃ポジション比率を高めているドルスイスが急上昇したため、含み益が大きくなっています。

ドル円ははっきりしませんね。あまり面白くないので仕掛けていません。最近はユーロを中心とした欧州通貨VSドルの動きが本当に面白いです。逆に動いた場合も想定して、ストップを仕掛けておけば、これからしばらく続くであろうユーロVSドルの綱引きでうまく儲けられそうです。

ユーロにつられてオセアニア通貨も下げています。しかしポジション比率は下げているので、以前のように含み損が一気に拡大するようなことはなくなってきました。

通貨の分散が重要だと改めて思います。どの通貨に分散すればよいかについて研究したものを、特別レポートにまとめていますので、是非読んでみてください。

いろんな予想がありますね。NZD円買いポジションを増やさないようにと警告している人もいます。

為替証拠金ブログランキング BLOGランキング ブログ村
2006/04/19(水) 23:18
4月3週目の半ば、振り返りと勝手な予想をしてみます。

やはりドル円は118円台後半での売り指値で正解でした。117円台で利益確定は予定通りです。ショートでもしっかり儲けてますか?

116円台で買いを入れても良かったのですが、ドル円の大きな下落に備えていまは、ドルスイスのポジションを少しずつ増やしています。欧州通貨がこれ以上急激に強くならないとの前提で。こちらはまだ不慣れなので正直よくわかりません。

ドル円についてはいつものレンジ相場がはっきりしてきた感じです。このまま118円台に達するようなら、これまでどおり売り指値は119円台手前から並べておきます。ストップは50銭上にしておけばひとまず安心して眠れます。

ユーロについては、面白くなってきました。先々週と同じパターンなら、明日は急落ですね。そんな要素があるかどうかはわかりませんが。

オセアニア通貨も堅調です。これを機にNZD円のポジション縮小をちょっとずつ実行しています。76円台まで行ってくれれば良いのですが、そう簡単ではないでしょう。NZD円ロングの比率が高い人は、ここで買いを入れたり、様子見をするのではなくポジションを減らすことも考えられるのではないでしょうか。最悪の事態を想定するならば、1998年のちょうど今頃の値動きです。チェックすればその理由がわかります。

そして通貨の分散をしましょう。スワップ派ならNZD円とは相関が低く、スワップ高めの通貨を増やしていくのが鉄則です。

今日の相場はこちらで確認

ブログ村
為替証拠金ブログランキング
BLOGランキング
2006/04/17(月) 21:25
4月も3週目に入りました。

先週のドル円は、きわめて狭いレンジ相場でした。
週の終値が118円ちょっと超えたので、もう少し上をトライするかもしれないと思ったものの、118円後半の壁はかなり厚いようです。売りの指値を仕掛けていた方も多かったのではないでしょうか。

動きが鈍いのでこまめに利益確定したほうが良いように思います。一応は1円くらいの幅を持って動いているので、118円後半で売りを仕掛けたならひとまず117円後半で決済しておくのがよいかもしれません。もうすぐ指標発表ですが、大きく動くなら、その後について行ってもいいわけですから。今みたいなよくわからない相場ではちょっとでも利益が出ているなら決めていくのが私の方針です。

ユーロがまた面白い動きを見せつつあります。ユーロだけでなく欧州通貨がドルに対して強くなっています。オセアニア通貨も、それにややつられて上昇気味です。

ユーロはもう少し上を目指すかもしれません。今日はかなり上げたのでこれ以上はないと思いますが、明日以降週の半ばまでにどう動くか。先週のような展開を意識しつつ様子見をしたいと思います。

ランキングで相場の予想を確認しましょう。

ブログ村
為替証拠金ブログランキング
BLOGランキング
2006/04/14(金) 22:44
少し前にセントラル短資OTでポンドスイスを扱っていないのは唯一の弱点と書きました。セントラル短資への不満どうやら導入は検討しているようです。しかし、その時期がいつになるかは示されていません。→2006年6月からポンドスイスとアフリカランド円の取り扱い開始しました。

なぜポンドスイスなのか?私も最初はよくわかりませんでした。なぜこの通貨があるトレーダーたちに人気があるのか。スワップ派ならドル円とクロス円が出来れば十分じゃないかと。相関についていろいろ調べていくうちに、ポンドスイスの特徴がわかってきました。相関がトレードの役に立つか。

ポンドスイスは、メジャーな通貨ペアと組み合わせることでリスク分散効果を得やすい通貨なのです。といってもポンドスイス単独でポジションを建てるのではなく、他の通貨と組み合わせてリスクを分散するということです。 他の理由でこの通貨を選んでいるトレーダーもいると思います。しかし私はスワップ派としてこの通貨に魅力を感じています。セントラル短資でこの通貨を扱うようになれば投資の幅が広がり多くのスワップ派にメリットをもたらすはずです。この通貨が取引できないために他の口座を使っているトレーダーもいると思います。

しかし、すぐにセントラル短資OTで取引が出来るようにはならないのではないかと個人的に考えています。最近トレード画面も一新したばかりですからね。 そこでセントラル短資OTで扱っている通貨ペアを使い、擬似的にポンドスイスをポジろう!と考えました。それは、ポンドドルとドルスイスを両方持つとということです。

 ポンド/スイス = ポンド/ドル X ドル/スイス

通貨の関係はこのようになります。すでのドルスイスのポジションはあるのであとはポンドドルのタイミングを見極めつつこれからポジション取りを検討していく予定です。

参考になりましたでしょうか。応援クリックいただけると幸いです。
banner_02.gif
2006/04/13(木) 22:18
為替と関係ない話ですので、お急ぎの方は読み飛ばしてください。
また駄文のため暇な方以外はお読みにならないようお願いします。

アボられるという言葉を聞いたことありますか?
今日、私はついにアボられてしまいました・・・。

いまページの右側にGoogle Adsenseの広告をつけています。
これはGoogle Adsenseにアカウントを登録して、所定のHTMLコードを貼り付けておけば、サイトの内容に関連する広告が自動的に表示されるというものです。そしてクリック率に応じて広告主から支払いが生じます。いわゆるアフィリエイトの一種ですがクリック単価が高いため、最近はどこでも見かけるようになってきました。

当初は自分のブログに広告を出すなんて考えてもいなかったのですが、今年に入ってからとても手軽に広告を載せることができると知り、早速試してみました。すると本当に簡単に出来てしまいました。広告主にもメリットがあり、シンプルですばらしいシステムだと思いました。

このシステムは、US$100を超えると月締めで支払いが発生します。これまでの蓄積分が今月はじめて振り込まれる予定でした。最近はおかげさまでアクセス数も増えたため、毎月支払いが発生する程度のペースに乗ってきたところです。

ところがここにきて突如Google Adsenseのアカウント削除という通知が来ました。アカウントが削除されるだけでなく全ての支払いがキャンセルされるとのこと。

しかも一度この通知を受けると二度と同じサイトを登録することは出来ないそうです。

アフィリエイトはよく小遣い稼ぎといわれます。たしかに私にとってGoogle Adsenseの収入はスワップ益に比べたら何分の一にもなりません。しかし収入源のひとつであり、ブログ更新のやる気にもつながっていました。

それが突如送られてきたメールでいきなりアカウント削除の通知です。話には聞いていたのですが、まさか自分がその目に遭うとは全く想像していませんでした。ご丁寧にも、Google Adsenseからは同じメールが5分後にも送られてきいます。いたずらではないと悟りました。

ネットで調べ回ったところ、このように削除されることはよくあるそうです。ある方面ではこのことをグーグル・アボセンスと呼ぶそうです。略してアボられるです。

これからGoogle Adsenseに登録する方も、既にアカウントを持っている方も気をつけてください!決して自分で広告をクリックすることのないように・・・

いま画面の右側にあるGoogle Adsenseの広告は数日後に表示されなくなります。Googleサーバが無情にも自動的に表示を停止をするからです。自分自身では削除しませんから、みなさんよく見ておいてください!そして同じ目に遭うことのないよう肝に銘じて下さい!あなたがアボられないことを心より祈ります。

・・・数日後、表示がなくなっているのに気がつかれた方がいたら、その時は合掌をよろしくお願いします。ついでにいつものようにクリックをいただければ、幾分かは私のモチベーションも向上するかと思われます。それではまた会う日まで。

ブログ村
為替証拠金ブログランキング
BLOGランキング
2006/04/13(木) 20:32
これから数回にわたり、スワップ派におすすめのサイトを紹介をします。第一回目の今回は2つのサイトをピックアップします。

スワップ派の証拠金取引
これぞスワップ派の本流です。ポジション(買い単価)を下げることを目的とした取引に徹底されています。スワップ派とかスワップ狙いという言葉が出てくるずいぶん前から実践されています。
現在5つの口座を持ちそれぞれ特色のあるポートフォリオとなっています。さまざまな種類の通貨を組み合わせることでリスク分散し、さらにレバレッジを絶妙にコントロールされています。
スワップ益をポジションの買い単価に換算しているのもユニークな点です。それによると現在ドル円の平均買い単価は、なんと102円台!!組み合わせる通貨や取引実績はこまめに報告されておりこの運用手法は非常に参考になります。

FXはスワップ金利で勝つ!外国為替取引の日記
七転び八起きさんのサイトです。大変わかりやすくて面白いです。為替証拠金関連のブログの中で異色を放っています。
まず記事の内容が豊富です。スワップ金利で毎月30万の不労所得、複利で運用91億円を得る、両建てで確実に利益を得る、等々。
そしてなんといっても画像つきの文章が面白くて笑えます。為替関係のブログは、まじめなものが多く硬派なイメージがありますが、ここまで面白おかしく書かれている記事はありません。眉間にしわを寄せてトレードしている時は、ここを訪問して肩の力を抜きましょう。このサイトには、もうひとつすごい点がありますが・・・それはまたの機会にしましょう。
七転び八起きさん発案の面白い企画が始まっています。GWの3日間で元手5万円をいくらまで増やせるか、実トレードで競争しよう!というものです。優勝者には1万円のプレゼントがあります。ブービー賞が用意されているあたりはさすがですね!普段は忙しくてデイトレができないという方や、スワップ派でもたまにはデイトレに挑戦しようと考えている方にはいい機会だと思います。こちらかチェック!ハヤブサも参加予定です。

ブログ村
為替証拠金ブログランキング
BLOGランキング
2006/04/11(火) 10:04
最近いろんな通貨に注目するようになったのですがチャートを一度に見るのがどうもやりにくかったのですね。しかしこれを使うとこんな風に複数のチャートを同時に並べることができます。整列するのもクリック一つでOK。


今では重要指標発表の時にこれを見ながらいろんな通貨の動きをウォッチしています。無料のデモ取引に登録するだけですぐに使えるのは大変ありがたい。さらに利用時間が無制限!なのでこれからも重宝しそうです。

興味のある人は↓ここからダウンロードするといいでしょう。

FXオンラインジャパンのデモ取引
2006/04/09(日) 21:17
4月の2週目はどんな動きになるでしょうか。

先週ドル円は、あいかわらずのレンジ相場でした。
週の終値が118円ちょっと超えたので、もう少し上をトライするかもしれません。それでも相変わらずレンジ相場が続くと思うので118円後半から119円前半で売り注文を散らして116円台半ばでの買い注文は先週と変わりません。1円ちょっとでも抜けたら決済してこまめにこつこつと稼ぐのがよいと思います。

ユーロ円は面白い動きを見せてくれましたがすぐに終わってしまいました。今後ドルに対してどのように動くのか方向性を注目したいところです。

オセアニア通貨は、豪ドルがしっかりしてきているのでNZドル円もやや持ち直すか。ただ先週のユーロにつられて弱くなる場面もありそうです。今のところレンジ相場のはっきりしているドル円以外は仕掛けにくい状況だと思います。

ところで、最近為替関連のレポートを書いています。これまで記事にしてきたリスク回避や通貨の相関に関するものです。もっと内容をわかりやすくしつつ実際トレードに応用できるよう内容を掘り下げていこうと思います。また相関係数についてはより多くの通貨について調査してまとめます。

いずれ発表予定ですのでお楽しみに。最近ランキングが下がってきました。これくらいの位置の方が気分的には落ち着くのですが(笑)よろしければ応援お願いします↓

ブログ村
為替証拠金ブログランキング
BLOGランキング
2006/04/07(金) 22:46
昨日ユーロを買ったと書きましたがその直後から自由落下(?)が始まりました。なんてこった!

そしてユーロドルはあっさり損切りに引っかかりました。
ユーロ円は・・・様子見ます。まぁ傷は浅いのでいいんですが。

ユーロが金利上昇の期待感だけで買われているのならすぐにもとの水準に戻るだろうと予想したわけですがまさしくその通りの展開となったわけです。今でもふらふらとしています。

そして本日は米国の重要指標でした。珍しく画面に張り付いてデイトレモードに。いったんだましのぶれがあることは予想していたので当初から逆張りするつもりでした。ちょい下げたあとに勢いよく上昇(だまし)。すぐに118円手前でキャップされたのを確認した後117.8円台で売り注文x2枚。

上昇は息継ぎするものの下げの勢いの方がずっと強く段階的に下落しながら117.5台へ。これはいけるか!と買いの決済注文を構えいていた頃にメールが届く。本日の重要指標の結果。なに?そんな悪くないじゃないの・・・と思っていると既に117.7円台まで戻していた。ということですぐに決済!!

本日のトレード益:+1000円

うーむ、やはり手数料が片道500円のセントラル短資OTでデイトレするのは無理があったか。

セントラル短資OTでデイトレはナンセンスに一票↓

ブログ村 ★為替証拠金ブログランキング★ BLOGランキング

ということで、ドル円は指標発表後最初の天井と底である117.9~117.4のレンジを抜けることはないと予想します。今週の終値はこの範囲に落ち着くでしょう。あまり面白くないと思うので、みなさん早く寝ましょうね。
2006/04/06(木) 23:10
ユーロが円とドルに対して上昇を見せていて注目されています。ここ数日はすっかり話題の主役になっている印象を受けますが、果たしてこれは長続きするのでしょうか?

BLOGランキングでユーロの今後について調べる

まずは明日の値動きを見極めたいところです。ドルとの綱引きは今に始まったことではありませんが、上昇トレンドに乗るのかどうか重要なポイントにいるのかもしれません。今晩はユーロの金利が据え置きと発表されのいったん売られていますね。

金利上昇の期待だけで買われていたのならやっぱりもとの水準に戻るでしょう。しかし本当にユーロが強くなるのなら、この程度でとどまることはないはずです。ゆっくりでも上昇していくはずです。

ユーロ上昇が長続きするのか、今回限りで終わるのかちょっと判断がつかないのですが、私の感覚としては半分半分というところです。高値更新というお祭りが後押しするチャンスかもしれないので、ユーロドルとユーロ円を試しに買ってみました。損切りは浅めにしてありますがどうなることやら。昨日ドルスイスも買っているので損益は相殺されていますね。自分で調べた相関が役に立っています(笑)

ところで最近いろんな通貨に注目するようになったのですがチャートを一度に見るのがどうもやりにくかったのですね。しかし、これを使うと複数のチャートを同時に並べることができます(画像)。今日はこの画面を見ながらユーロと他の通貨のの変化をウオッチしていました。

デモ取引に申し込むだけですぐに使えるのは大変ありがたいです。これからも重宝しそう。なぜなら利用時間が無制限で無料なのです!
興味のある方は↓ここからダウンロード出来ます。
FX Online Japan 中央下部の「デモ登録」をクリック


為替証拠金ブログランキング
2006/04/06(木) 22:36
3月の運用を振り返ります。

スワップ益:67,851円
トレード益:84,100円

手数料を引くと約14万円の利益確定となりました。月間では16%の利益増です。トレード益は、ドル円のレンジ相場で儲けることが出来ました。売買した枚数は少なかったのですが、レンジの上と下で売りと買い両方を狙っていったのでそこそこの利益が出ました。結果はまずまずですがNZD円の含み損が拡大しているため4月はポジション調整をする予定です。

ところで私がメインで使っているのはセントラル短資OTの口座です。セントラル短資FXはスワップが高いだけでなく取引上のメリットが多いので本当によいシステムだと思います。しかし一つだけ不満があります。それは取り扱っている通貨が少なめだということですね。特に欧州通貨でポンドスイスがないのは痛いです。

同じように考えている方は多いのではないでしょうか?セントラル短資ではポンドスイスを扱うことも現在検討中と聞いたことがありますが出来ることなら早く対応してほしいですね。

利用者の要望が集まれば時期が早まるかもしれません。皆さんの声を集めたいと思います。賛同いただける方は、コメントお願いします。

ブログ村ランキングにも応援お願いします
2006/04/03(月) 22:00

これまで3回にわたって主要通貨の相関係数を調べてきました。


今回は、この相関が実際のトレードでどのように有効に働くかを調べます。調査する対象は次の組み合わせです。

  1. ドル円/ユーロドル(逆相関大)
  2. ドル円/ポンドスイス(相関小)

※相関係数の算出対象期間は2003/3/13~2006/3/10までの約3年間

 

それぞれ順番に見ていきます。

 

1.逆相関の大きい通貨を2つ持てば損益は相殺されやすくなる

ドル円/ユーロドルの相関係数は-0.83なので逆相関が大きいです。この2つを同時に保有するとそれぞれのレート変動は相殺される効果が高くなります。ポジションを単独で持つときと、2つを同時に持つときでどのような違いがあるかを表にしました。

いずれも2003/3/31に買い、2006/3/10まで持ち続けたときの3年間における最大含み益、最大含み損と3年間の受け取りスワップポイント合計です(以下全て円換算、スワップポイントは三菱商事フューチャーズの政策金利一覧表を基に計算)。

 

保持通貨 最大含み益 最大含み損 スワップ益 通貨数
ドル円のみ
\354,000
\1,542,000
\482,405
100,000
ユーロドルのみ
\2,731,620
\482,641
\-19,532
100,000
ドル円/ユーロドル
\709,174
\172,835
\231,436
50,000 + 50,000

 

ドル円のみの場合、最大含み損は約150万円。ユーロドルのみの場合、最大含み損は約50万円です。2つ同時に保持した場合、最大の含み損は大幅に減って約20万円となります。逆相関の大きい通貨を組み合わせることで、単独で保持するよりも含み損は大きく減ることがわかります。ただし、逆相関は相殺効果があるため含み益も減ることを表から読み取ってください。

 

2.相関の小さい通貨を2つ持てば損益のぶれは小さくなる

ドル円/ポンドスイスの相関係数は-0.24なので相関は小さいです。この場合はどうなるのでしょうか。上と同じ条件で表にしました。

 

保持通貨 最大含み益 最大含み損 スワップ益 通貨数
ドル円のみ
\354,000
\1,542,000
\482,405
100,000
ポンドスイスのみ
\1,962,653
\447,061
\1,562,099
100,000
ドル円/ポンドスイス
\779,375
\742,503
\1,022,252
50,000 + 50,000

 

単独で保持した場合の最大含み損は1のケースと似ていますが、2つ同時に保持した場合の最大含み損は約75万円です。ドル円を単独で保持するときよりも減り、ポンドスイス単独で保持するときよりも増えています。含み益についても同様です。相関の小さい通貨を組み合わせることで、単独で保持するときの損益が平均化されることがわかります。

さて、それでは相関の大きい通貨を2つ持つとどうなるのでしょうか?・・・・

 

BLOGランキングで複数通貨保持者を探す

banner_02.gif↓参考になった方はクリック頂けると幸いです。

★為替証拠金ブログランキング★     ブログ村ランキングはこちらから。
2006/04/01(土) 21:03
3月最後の週、ドル円は荒れる可能性が高いと思っていましたが、それほどではありませんでした。

私は短期決戦のため117円半ばで買い注文をいくつか仕掛けておいたのですが引っかかったのは1つだけ。動きに乏しいのでちょっと高めのところで売り決済。これで3月のトレードは終了です。

瞬間的には大きく動く場面は何度かあったものの大きなトレンドの変化を作るほどの勢いはなかったわけです。このレンジ相場は1月下旬頃から続いているので、そろそろどちらかに抜けるのではないかと考えている人が多いようです。

私は来週もレンジ相場が続くと思いますので、買い場は相変わらず116円前半~半ばでしょう。売り場としては118円台後半と置いています。

レンジ相場は継続?終わり?予想している人を探しましょう。ランキング上位に限らず見てみるとおもしろいですよ。→外国為替ランキングの逆ランキングで隠れた名トレーダーを見つける!

オセアニア通貨が値を戻し始めています。ポジションをたくさん持っている人、レバレッジ高すぎの人はポジション調整のチャンス到来ですね。

そろそろ来週の予想がアップされているかもしれません→ランキングブログ

さて、来週からは趣向の違う記事を追加予定です。
一つはとても参考になるサイトの紹介です。特にスワップ派の記事を中心に紹介していきます。もう一つは相関を使った取引のシミュレーションです。これまで相関係数に関わる記事を何回か書いてきましたが、実際のトレードでどのように役に立つかを検証します。

ブログ村ランキングはこちらから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。