スワップ金利運用の原則

ここでは、スワップ金利運用の原則 に関するFX情報をご紹介しています。
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/04(日) 18:58
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2004年からスタートした為替取引も今年で5年目になります。
2007年までは順調に利益を伸ばしてきましたが、2008年はマイナスリターンとなりました。

長期保持する予定だった利益の出ていたポジション、また含み損のポジションとも相場の変化が感じられたことから、8月頃までにほとんど手じまい、整理しています。春過ぎから始めた通貨オプションや、ウェイトを高くしたスイングトレードで利益も出ていましたが、トータルでは2008年のFXパフォーマンスは-25%程度です。

この一年は、トレード比率を高めていたので為替レートをまめにチェックしていました。これが結果的によかったようです。大きく相場が動くときは、いつもとは違う値動きをする通貨がある・・・ということを何度か体験しています。「異変」のようなものですね。

2003年頃から2007年あたりまでは、今と比べるとボラティリティも小さく、また円などの低金利通貨と主要通貨、高金利通貨の金利差も拡大傾向にあったことから、中長期で保持しているだけで利益が得やすい相場でした。金利差が材料になりやすい相場でもありました。この間、円安も大きく進みました。

2008年に入って、米ドルをはじめ金利差が縮小してきたことから、いわゆるスワップ狙いの投資戦略は相場に適応するのが難しくなりました。加えて為替相場、株式市場とも金融危機により、これまで積みあがってきたロングポジションが雪崩のように崩れ、ボラティリティが過去例にないほど増大しました。

金融危機が起こることを前提とした投資戦略というのは、普通は難しいと思います。ただ、10年に一度、大規模な下げはあること、下がったものは上がるということを為替相場の前提とし、長期投資をするなら、下がるまで待つ、高いところでは買わないということは基本です。いくらドルコスト平均法などで時間分散をしても、高いところで買ってしまっては、含み損が大きくなったときに身動きができなくなってしまいます。レバレッジ取引では特に注意が必要ですね。

過去レートと比較して、これから面白そうな通貨としては豪ドルやカナダドルあたりかと個人的には思っています。ただやはり10年に一度しか起こらないような変動相場、それをも超えるような大変動、乱高下があり、現時点でも株・為替市場ともまだ落ち着いたようには見えません。

ファンダメンタルズの変化、または金利が下げ止まり、上昇していくというようなニュースが出るといったこと、昨年後半にかけて暴落となった原油先物価格が上昇してくるとかの材料が出てくれば、豪ドルやカナダドルなども上昇しやすいので、買っていくのにいい時期だと思います。そうすれば、1~2年後には金利差を背景としたトレードもぼちぼちでてくるでしょう。為替差益と金利差益の両方を狙える、いわゆるキャリートレードが復活してくるかもしれません。しかし、まだまだそんな雰囲気もなく、その前兆もない状態なので長期のポジションはとりにくいと思います。

目下はボラティリティの大きさを利用したスイングトレード、デイトレードのウェイトは高めにしています。通貨オプションもスプレッドが小さくなっている時ならやりやすいです。個人的には、昨年から株価指数先物の取引もスタートしています。株式市場の動きも、以前より気にするようになりました。
2009年はマーケットを概観し、数か月毎にその時々で理解しやすいテーマで動いている相場で利益をとる戦略です。

年末からの変化としては、昨年は真っ先に下落しした豪ドルが、一番にしっかりしてきていることですね(対円、対米ドル)。その次にユーロも上昇、原油価格も上昇ということになってくれば、同時にこれは米ドル安を意味しますので、去年の水準をターゲットに米ドル安が進むシナリオが見えてきます。それまでは、長期のポジションとして積極的に買いを入れる必要はないと思っています。米ドルの動向、米国株の動向がポイントですね。

スポンサーサイト
2008/11/26(水) 16:54
最近の円高でそろそろ仕込み時?ということを考えている方も多いようです。
スワップ派の方は特にそう思われることでしょう。

FXのスイングトレードでも、デイトレでも見ておきたいのは為替レートの時間軸ごとのトレンドです。
特にスイングや中長期でのポジション取りとなると、日足、週足、月足チャートをみて方向を確認するのが大事です。

以前記事にちょこっと書いた、通貨ペアのトレンドを簡単に知る方法。自動的に表示するシステムを試作してみました。当ブログのトップページに表示しています。

主要通貨ペアのトレンドがわかるようになっています。新着記事のエントリから記事を読んでいる人は、一度トップページをご覧ください。チャートやテクニカル指標をいろいろ見るのが苦手という人には、わかりやすいのではないかと思います。

それぞれ、日毎に見た時のトレンド、週ごとのトレンド、月ごとのトレンドとなっています。
例えば、豪ドル円(AUDJPY)は、月、週とも「-2」であり「強い下降トレンド」であることがわかります(11月25日時点)。日単位ではトレンド中立です。これらの3つのトレンドの方向が一致しているときは、スイングトレードでトレンドフォローしやすいわけです。

しかし、そうでない場合にエントリする場合。たとえば今豪ドル円をロング(買い持ち)するとしたら、日単位では方向感がない状態ですが、週、月単位で見ればまだ下落方向の流れの中にあるということです。

つまり、中長期のロングポジションをとる場合には十分な注意が必要です。もちろんこれは、投資期間、許容損失、目標利益などによってポジション戦略は変わってきますが、長期の方向性、中期の方向性もトレードする上では重要な情報です。

自分が逆のポジションを取ろうとしているのか、そうでないのか。これによって利益確定や損切りのポイントも変わってくるわけです。トレンドと逆行するときは損を小さく、利益確定も早く。トレンド方向に順張りのときは、利益を伸ばしやすいので差益の拡大を狙うことができます。

マイナススワップがいやだという人は、ユーロドルやドルスイスなども面白いかもしれませんね。

しばらくこのトレンド表示システムはブログに掲載しておきますので参考にしてみてください。ご意見、ご質問などあれば「プロフィール」横のメールまでお願いします(スパムが多いのでコメント受付は一時的に見合わせをさせていただいています。ご不便あったらすみません)。
2008/11/14(金) 15:40
今日は、マネー誌「円スパ」の取材でした。

思えば初めて取材を受けたのがちょうど2年前です。
当時FXでスワップ金利に着目した投資手法や、シミュレーションなどをブログに書いてたことがライターさんの目にとまったというわけです。

ライターさん自身も、「複利の効果で1億円」をSPAの記事に書いていたこともあり、金利に着目した投資手法に興味があったようです。そこで自分の投資手法やリスクなどを記事にしていただいたのですね。これをきっかけに、いろいろなメディアに出ることになりました。

今回のテーマは、スワップ派は死んでしまったのか?今後はどうなのか?というものです(という感じの特集になるはずです)。

金利差狙いの投資は、2002年~去年くらいまでは多くのチャンスがありました。
金利の高い通貨でも為替レートが上昇する、為替変動が急激でないという条件がそろっていたからです。しかしここ1~2年で徐々にこの前提が崩れてきました。そして、この金融危機で一気に相場が動いたため、逃げ遅れると大きな損失となってしまったわけです。

では、スワップ派の投資法はもう通用しないのか?

長期では大きな為替サイクルというものがあります。その時々で、相場のテーマや特徴が違います。今のようなボラティリティの高い相場。変動が大きい相場なら、それに向いた利益が取りやすい手法があります。

過去と全く同じパターンがこれからも再現するということはないですが、歴史は繰り返すものです。キャリートレードは忘れたころにやってくるのではないでしょうか。その前に動き、テーマとなった頃に売り抜ける。

長期でいつも利益が取れる投資手法、トレード方法というものは存在しないと思います。相場にあわせて最適な戦略をとる、常に変化していくということが必要なのだろうと思います。

取材の内容は、12月発売のエンスパ(\en SPA)に掲載されます。
2008/05/16(金) 12:27
投資や資産運用、ビジネスをするとしても、何のためにそれをするのかという個人としての目標をはっきりさせないと、実現可能性が低くなってしまうということがあります。

私は仕事もプライベートも、システム手帳で目標管理、スケジュール管理をやっていました。確かに目標や計画をきちんと作ればその通りになりやすいということを実感しています。

こういった個人の目標・計画案などをオンラインで一元管理しつつ、行動リストや、日記をつけてフィードバックができるような仕組みがあればいいなと思っていました。

これをWebのシステムとして、自分で開発してしまおうと思ったのです。仕事や、FXや投資のことを勉強しながらだったので、一年半くらいかかりましたが、知り合いにも手伝ってもらいながらなんとかベータ版まで完成しました。

このサイトは、個人の目標管理を支援するツールだけではなく、SNSの要素を取り入れたものになっています。日記での意見交換や、コミュニティでの情報交換をしながら目標達成を仲間と一緒に楽しめるようというものです。ミリオメイトというSNSです。

去年末からアルファ版で試験運用をしていましたが、このたびベータ版を仮オープンすることにしました。現在500名くらいの方に登録いただいています。ここでは、私もブログとはまた違った記事を書いています。メンバーもいろいろな方がいます。年齢、普段の仕事、投資対象、投資金額等は様々です。

無料のサイトですので、ご興味のある方がいましたら、SNSの招待状をお送りします。
当ブログの右にある「はやぶさのプロフィール」のアドレス(メールはこちらから)へメールをご送付ください。
その際、メールのタイトルに「SNS参加希望」とご記入願います。
ご参加お待ちしています。

※2~3日経っても招待状が届かない場合はお手数ですが再度ご連絡ください
※迷惑メールなどに振り分けられていないかをご確認ください
2007/11/23(金) 13:27
一部の方にお知らせしていました、はやぶさの書いたFX本が発売となります。
今回は、FXでいつもお世話になっているKlugクルークさんとの共著でFX初心者向けの内容となっています。

もうひとつお知らせがあります。
香港資産運用奮闘記の石田さんが、「ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編~特選30銘柄~」を発売します。ドバイ株投資の魅力については前にも書きましたが、個別銘柄となると具体的に何をどう選んだらいいのかわからないという方にぴったりです。

ドバイ株完全投資マニュアル

こちらも実は、共著本となっています。気になるもう一人の著者もまたすごい人です。いま話題の世界最大の政府系ファンド(SWF)「アブダビ投資庁(ADIA)」を経てナショナル・バンク・オブ・アブダビ(NBAD)に移籍したファンド・マネジャー、デビット・サンダース氏。二人の渾身の力作です。「日本初のドバイ上場企業ガイドブック」ともいうべき内容です。

発売日は、2007年12月6日。発売日前に、Amazon予約キャンペーンを行うそうなので、お買い求めの方は、こちらのキャンペーンページからご登録ください。
「ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編」Amazon予約キャンペーン←期間中に予約すると、マックシャラフ証券のDFM・ADSM・DGCXオンライントレードシステム"MAC Trader"の操作マニュアル日本語版がプレゼントされるそうです。

●はやぶさの書いたFX本の内容は、FXの仕組みから始まり、中長期で為替レートに影響を与える重要な経済指標を分かりやすく解説しています。政策金利、物価指標、GDPなど。主要国はもちろん、ロシア、メキシコ、トルコ、スウェーデンといったマイナー通貨の国についても経済動向や通貨の特徴を紹介しています。

後半はスワップ金利を狙った投資方法について重要なポイントを解説し、通貨の選び方の入り口まで案内しています。FX初心者でもわかるように書いてあるので数値はできるだけ使わないようにしました。私のレポートを読んでよく理解されている方には、とても基本的な内容となりますが、振り返るのに良いかもしれません。大手書店には置いてあるそうなのでよかったら手に取ってみてください。Amazonでも購入できますが、いまのところ在庫がないようです

「通貨ペア」で賢く儲ける!FX(外国為替証拠金取引)―「メジャー通貨」&「マイナー通貨」を徹底解剖
空 隼人 & Klugクルーク

通貨ペアで賢く儲けるFX
2007/10/16(火) 22:03
FXのブログを始めてから2年以上たちます。
ブログを始めた最初は日記のような感じで記事を書いていたのですが、それを変えるきっかけがありました。

それは2005年12月に予想外の下げ相場(円高)です。1年ほど感覚的なトレードでもそこそこ利益が出ていたものの、それが一瞬でなくなったことです。全く想定外の値動きがあることを知り、このままではまずいと思い真剣に取り組むようになります。

情報収集もろくにやっていませんでしたが、過去のデータを調べたり、いろいろなシミュレーションをしたりするようになりました。そういった内容を記事にしていくうちに、自分と同じような事を調べている人が意外に多いことがわかって、情報交換をしながら今のようなテーマを記事にしています。

それと共に、このブログを訪問してくださる方も増え、いろんな方と知り合うことができました。ちょっとしたきっかけでいろいろな方とつながりができるのは、ブログを作った当初は思いもよらなかったのとで、とてもうれしく思っています。

先日は、AllAboutマネーで「デイトレード・スイングトレード」サイト管理人の川崎さちえさんからFXについて取材をしていただきました。なぜデイトレ・スイングトレードのテーマから、FXのスワップに?と不思議でしたが、今後はオンライントレード全般をテーマにされるとのことです。

FXは慣れるのにも時間がかかりますし、FXをよく知らない人に説明してもなかなか伝えきれないことが多いのです。私のつたない説明にもかかわらず、取材の時の話を完璧に再現して下さっています。今回記事としてアップされていますのでよかったら読んでみてください。

それもそのはず、川崎さちえさんは株式投資でセミリタイア生活されているほどのプロ。下落銘柄投資法や空売り専門のデイトレード、売られすぎた銘柄を買うスイングトレードなど、複数の投資法を編み出し、その成果をまとめた著書も多数あります。この投資スタイルはFXにも通じるものがあるのですね。

ブログをきっかけに知り合いになった多くの投資家はとても明るく、魅力的な人が多いです。投資というと、どこかネガティブなイメージをもたれる場合もあるかもしれませんが、全然そうではないんですね。みなさんと話をしていてとても楽しいです。今後もまた面白い企画がありますのでまたお知らせします。
2007/08/31(金) 13:01
FXに限らず投資には旬な時そうでない時があります。この見極めが結局のところは一番重要なポイントなのでしょう。長期投資では特にそうです。

FXでも先日の円高で「そろそろ」と動き始めた人が周りにも出てきています。長期投資のスワップ派にとっては見逃せないタイミングでした。私自身も暴落の最中、ポジションを若干追加し証拠金も増やしました。

この円高が今のレベルで収まるとすれば、年に数回の下落ということで想定通りです。しかし、いろいろな情報をみていくと、これを引き金にクレジットクランチが起こるなんて声もささやかれています。実態はどうあれ、数年に一回くらいに発生するとんでもない相場がやってこないないとは言い切れないので、しばらくは様子を見守ることにします。

私のようなスワップ派は、トレードをするのは3ヶ月~半年に一回程度です。これくらい頻度が低いと、売買注文を出すときに、タイミングとしていいのか悪いのか確信が持てないこともあります。皆さんはどのように最終意思決定をしていますか?

このような場面で役に立つかもしれないツールを最近知る機会がったので紹介します。
先日パンローリング主催のFXセミナーで講師をさせていただきました。セミナーの様子はこちらの日記

今回は知人の参加も多く、会場でもいろいろとお話をさせていただきました。ありがとうございます。以前このブログでも紹介した海外冒険投資家の石田さんも来てくださいました。スタッフの方々との打ち上げにも合流され、いろいろと話をしていたところ、面白い企画を耳にしました。
「投資ツール」として「手帳」を出すとのこと。非常に興味深いものです。

この手帳は、石田さんと山中さん(元バンクオブアメリカの為替ディーラー)のコラボです。それぞれの得意分野である「海外投資」と「金融占星術」を合体させたものです。

以下、手帳の特徴からの引用です。

●金融占星術入り手帳。2008年の「投資に向いている日」「投資に向いていない日」がひとめでわかる!
●2007年10月~2008年12月までの見開きダイアリーと金融占星術データで、10月からすぐに使える
●世界の経済データ、主要国の5年株価チャート、投資・金融用語集などを巻末付録に掲載
●痛みにくいハードカバー、海外旅行に重宝する航空券収納サイズ、シンプルで飽きのこないデザイン

機能的にもデザイン的にも、海外を飛び回るお二人が「こんな手帳があったらいいなー」という思いで作られたそうです。

「投資手帳」というのはあるようでありません。海外投資をする上で、ほしいデータが手帳に載っているというのは便利だと思います。また、投資に向いている日とそうでない日がカレンダーにのっているのは面白いですね。金融占星術なるものは私もよく知らないのですが、なんだか面白そうですし、価格も2,100円と一般的な手帳と同じくらいです。来年の手帳として使ってみようと、私もさっそく予約しました!カレンダーは2007年10月からなのでさっそく使えます。

実はこの手帳はまだ発売されていません。発売日は2週間後の9月13日です。そして、9月9日~10日にかけて、Amazon予約キャンペーンがあり、2日間限定で以下の特典が付いてくるとのことです。

●金融占星術による主要国インデックスの「2008年の売り時・買い時」レポート
●金融占星術による日本株主要銘柄の「2008年の売り時・買い時」レポート
●海外投資SNSワールドインベスターズの招待状

特典付きの予約ページから登録できます。

判断に迷った時は、金融占星術も参考にしてみようかと思っています。早いもので2008年の手帳はもう店頭に並ぶそうですね。私も手帳はいまだにアナログ派です。
2007/08/15(水) 19:49
今日は、プロの投資家であるフリーパパさんとお話をさせていただきました。FXはスワップ派として運用されています。

ポイントアンドフィギュア(P&F)を使った為替相場分析というとても面白い概念を教えていただきました。これから相場が向かおうとしてい方向や、トレンド転換点、目標値などを知ることができるテクニカル分析の手法です。私もまだ勉強中なのですが、いずれP&Fも紹介できるかもしれません。
長年投資をやってきた方なので、投資に対する考え方や手法はとても参考になります。

フリーパパさんは、FXの勉強会やセミナーなども実施されています。8月上旬のワールドビジネスサテライトでもその模様が紹介されていましたが、見ていた人もいるのではないでしょうか。
スワップ派でありながら、ブログの更新頻度は高いので上記URLは要チェックです。

さて目が覚めるような円高局面が続いていますが、とらえ方はいろいろあると思います。

・ようやく仕込み時が来たので出動準備
・さらなる円高を懸念してリスクヘッジする
・何もしないで静観する

各ポジション含み益なのか含み損なのかによっても見方も取引も違ってくるでしょう。スワップ派でも、利益確定、損失確定のとらえ方、ルールはさまざまですね。

実は8月26日にFXセミナーでお話をさせていただくことになりました。パンローリング主催の無料セミナーです。フォレックスディーラー物語で有名な松田哲さんのお話もとっても楽しみです!

来週の為替相場がどうなっているか予想もできませんが、今回はスワップ派のいろいろなトレード方法を紹介しながら、自分の理論や手法をお話できればと思います。
2007/07/12(木) 12:49
先日の為替相場は怒涛の円高!ってほどではありませんが割と動きましたね。
少し前の調整にしても、何か感じるものがあります。

今年に入ってからドル円が大きく動いたのは上海ショックでしたが
今回のはそれに続く変動でした。いまのところ少し戻しているようですが
121円割れが見えてくるようだと警戒が必要です。

さて、スワップ派向けの入門セミナーのお知らせです。
7月22日(日)に、私はやぶさと、おなじくスワップ派のケロさんとの2名で、FXのセミナーをすることになりました!FXで長期投資を目指していきたい人、スワップ派の運用手法をこれから学びたい人向けの内容となっています。

前半は、私のパートで、スワップ投資とは?から始まって、通貨の特徴、相関、買い時の見極めなどをお話します。
後半は、ケロさんが、ポートフォリオ理論、リスク評価方法、マイナー通貨についてお話しされます。

私の話は、これまで書いてきた記事、レポート等でご存知の方も多いと思います。はやぶさ流レポートを購読いただいている方には、なじみのある内容となっていますがこれからスワップ投資の勉強を始めるという方には、参考になるかもしれません。

また、ケロさんの得意分野であるマイナー通貨を組み合わせたポートフォリオ理論は多くのスワップ派にとって関心のあるところではないでしょうか。マイナー通貨はプロでもほとんど取引をしませんし、個人投資家ならではの投資対象だと思います。

なかなか情報が取れないマイナー通貨ですが、ケロさんがこれまで調査されたことについてお話しされます。トルコリラ、ランド、東欧通貨・・・これほどまとまった形で知る機会はなかなかありません。私自身も、セミナーの打ち合わせの際に大変勉強になりました。

2人とも会場でのセミナー形式は初めての試みなので、小さな会場で開催します。
すでに席は半数以上埋まっているそうです。ご興味のある方は、下記からお申込みください。

はやぶさ流・大道式FXスワップ投資法セミナー

↑「毎日が給料日」というのは主催者側がつけたタイトルなので、ここは差し引いてお考え下さい^^;

なお今回のセミナー参加者の特典として、現在販売中の「スワップ金利運用の極意レポート&FX分析ツール」を驚きの価格でご提供します。会場に来られた方への特典とさせていただきます。
当日会場でお会いできる方、楽しみにしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。